胃腸の調子がすぐれない

2016年1月
 

●ひと口に胃腸の調子が優れないといっても、症状はさまざまですね。ここでは数日間具合が悪いという程度の不調について考えてみました。
 

 

どうして嘔吐や下痢が起こるの?


胃の不調は、重い、気持ちが悪い、痛いなど、そのときどきで違いますね。
胃は食べものを消化するのが仕事ですが、調子が悪ければ働きが鈍くなって、胃に入ってきた食べものを急いで外に出してしまいます。これが嘔吐です。

また吐気や食欲不振といった症状を生じさせ、「食べものは胃に入れてくれるな」というサインを出します。

消化されないまま胃を通り過ぎた食べものが腸にたどり着くと、今度は無理な負担をかけることになり、下痢を引き起こします。


こういう仕組みで、胃腸炎の嘔吐や下痢は起こるのです。

まず、胃腸を休めましょう


こんなときには、まずは胃腸を休めることが大切。少しでも食べものを口にして吐いてしまう場合は、たくさんの胃液が失われて、ますます脱水になることもあります。

気分がよくなってきたら、少量の白湯や番茶を飲んでみて下さい。水分が少し摂れたら、スープや白がゆ、やわらかく煮た野菜や茶碗蒸しなど、消化によく胃腸にやさしいおかずへと移行していきましょう。どんなものも、一度に食べる量は少しずつです。
 

くすりになる食材

おす

すめレシピ    胃腸の調子がよくいないときは、消化によく、胃の粘膜を強化する食材を!
● 消化がよく弱った胃を助けるお野菜たち
有機栽培大根   有機栽培こかぶ   りんご
大根   かぶ   りんご
有機栽培サツマイモ   ごぼう   きのこ
さつまいも   ごぼう   きのこ
●胃の粘膜の再生を助け、不調の回復を助ける働きがあります。
キャベツ   じゃがいも    
キャベツ   じゃがいも    
● 胃の粘膜を保護し、不調の回復を助けます。
やまいも   にんじん   トマト
やまいも   にんじん   トマト
● 便を固くする働きがあります。
りんご        
りんご        




 

おすすめレシピ    体に優しいお野菜料理のレシピはこちら
根菜のポタージュ 2種   野菜スープで作るおうどん   野菜がいっぱいのおでん
根菜のポタージュ 2種   野菜スープで作るおうどん   野菜がいっぱいのおでん
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら


 

健康コラムの目次に戻る

▼薬になる食材のお野菜はこちら ▼

 

[有機栽培]キャベツ(1玉)

550円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] じゃがいも(500g)

340円(税込)

購入数/

NEW

[有機栽培] 大根

650円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] ごぼう(200g)

330円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] 金時さつまいも 2Sサイズ (300g)

550円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] にんじん特選品 (300g)

300円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] こかぶ (400g)

410円(税込)

購入数/

 

特別栽培 りんご (2個)

680円(税込)

購入数/