青汁用ケール生葉(未洗浄)1kgの宅配・通販|有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

特別栽培ケール生葉(未洗浄)1kg

産地や時期によって、大きさ、色などが画像と異なる場合がございます。

1kg・2kg・3kg・4kg・5kgより選べます
ジュース用ニンジンのご購入はこちら
せっかくからだによい青汁を飲むのに、農薬は必要ありません
なかなか手に入れることが難しい、農薬を使っていない安心・安全なケールの生葉。どこで買ったらよいのか、続けて購入するにはどうすればよいのか、お困りではありませんか。
「日々の体調を、将来の健康」を願うなら、ぜひ「ぶどうの木」のケール生葉をお選び下さい。私、高橋和子が、「ぶどうの木」のケール生葉を自信を持っておすすめいたします。
1、農薬も化学肥料も使わない、特別栽培ケール生葉だから 葉物は農薬を使わずに育てるのは難しいと聞きますが、本当ですか?

ケールを安心して食べていただきたい、そんな想いから農薬も化学肥料も使わずに栽培されたケールの生葉を新鮮なままお届けします。
農薬を使わないことから、特に春と夏の時期には青虫などの虫が盛んになります。
駆除するのに手間はかかりますが、丁寧に手で取り除きながら育てられたケールです。

2、1年を通して、新鮮なケールをお届けできるから 一年中切らさず、ケールを届けてもらえますか?

ケールは一年を通して栽培可能な野菜ですが、夏場はどうしても虫がつきやすいため、冬季に栽培されることが多く、通年の栽培出荷をしている生産者さんはほんのわずかです。

ぶどうの木では、一年中新鮮なケールで青汁を飲んでいただきたいから、日本各地の通年の栽培をしている生産者様、季節限定で栽培されている生産者様のご協力をいただき、一年を通して切らさずに、ケールの生葉をお届けしています。

※天候の加減により、ごくまれに夏季にお届けできない場合もございます。

3、一枚一枚、洗浄したものをお届けするから 虫やほこりなどが気になるのですが……

ご家庭に、虫の食べカスや、フン、卵、またPM2.5などをなるべく持ちこみたくない。
洗浄していない大きなケールの葉っぱを台所のシンクで洗うのは大変。

そんなお声に応え、ぶどうの木では、あらかじめ出荷前に簡易洗浄しております。
すべて取り除けるわけではありませんが、洗う手間を格段に省くことができます。
到着後すぐ洗うことができない場合でも、そのまま冷蔵庫に保存していただけます。

この段階で、有機栽培のにんじんが、ほかのにんじんと混じってしまったり、
保管中に化学物質で汚染されてしまっては、困りますよね?

  • 恐れ入りますが、洗浄済みのケールでも虫の食べた跡はついております。
    卵も虫も完全に取り除くことを保証するわけではございません。
    どうぞご了承ください。
    下記の、「必ずお読みください」に目を通し、ご了承のうえお求めください。
  • 未洗浄のケールもございます。
その他、こんなメリットも
  • お届けするケールの量は、1kg・2kg・3kg・4kg・5kgより選べます。
  • 注文忘れがなくご自分のペースで続けられる、便利な定期購入もご用意しております。
    定期購入はこちらから>>
緑黄色野菜の王様、ケールとは?

ケールは南フランスを原産地とするキャベツの原種で優れた緑黄色野菜です。
欧米ではロールキャベツやソテーなど通常の野菜として食されています。
青汁健康法の権威、遠藤博士はケールの豊富な栄養素に注目し、青汁を考案されました。
国内では、ほとんどが青汁用として栽培されています。

ケールの魅力は、なんといっても栄養バランスのよさ

ケールには私たちの食生活で不足しがちな、食物繊維、ビタミンA(βカロテン)、カルシウム、鉄、リン、ビタミンA、ビタミンE、カリウムなどがバランス良く豊富に含まれています。
たとえばビタミンAは人参の2倍、カルシウムは牛乳の2倍以上。
含まれている栄養価の高さから「緑黄色野菜の王様」と呼ばれています。

ケールの栄養価について ケールの大きさ、厚み

1枚の大きさは、小さいもので24cm×24cm(60g)、
大きいもので37cm×39cm(140g)、
厚みは20枚で1.4cm(1枚 約0.7mm)、
重さは約60g〜約140gです。

ケールの青汁は、こんな方におすすめです 1、生活習慣が気になる方 2、野菜不足が気になる方 3、目を大事にしたい方 4、未来の自分の健康のために 5、食事の時間が不規則で、変色気味の方

ケールは青汁で飲むのが一般的ですが、もちろん野菜としておいしくお召し上がりいただけます。
青汁は、ケール生葉500gから約270〜360ml(コップ1杯分)搾ることができるので毎日飲むことができますが、毎日500gのケールの生葉を料理して食べるのは容易ではありません。
青汁を基本に、お料理でもケールを楽しむのがおすすめです。

おすすめのケール料理 1、油と相性が良いので、野菜炒めやチャーハンに!歯ごたえが絶妙です。 2、レンジでチンしてケールチップに!おやつやおつまみに最高です。
ジュース用ニンジンのご購入はこちら
ケール生葉を使った 青汁作りのポイント ケールは届いたらすぐに冷蔵庫に保管

ケール生葉が届いたら、ケールを洗浄し水気をよく拭き取り、大きめのビニール袋に移して空気を抜き、袋ごと棒状に巻いて冷蔵庫で保管して下さい。
その都度必要な量を水洗いし、ジューサーでしぼります。

生葉の状態での保存は1週間程度

ケール生葉の保管は冷蔵庫で1週間程度が目安です。
1週間後には青汁で使う場合はすべてを絞って青汁を冷凍保存、お料理に使う場合はゆでて冷凍保存してください。
 

  • 保存中の葉は、茎の折った部分から腐敗しやすくなりますので、変色した茎は折り捨てて下さい。

また、葉全体が黄色く変色したものは、ご利用にならないで下さい。

低速回転ジューサーで、ケールの栄養を活きたまま絞る

ケールは水分がすくないので、低速回転ジューサーで搾りましょう。

一般のジューサーは材料を切り刻んだり、すりおろしたりしてから遠心分離しジュースを作りますが、カッターを使わない低速回転ジューサーは、ローラーの圧力でジュースを搾り出すため、ビタミンやミネラル分の損失が少なくてすみます

せっかく青汁を手作りするのですから、ケールの栄養を活きたまま体に取り入れましょう。

低速回転式のジューサーはこちら>>

青汁の作り方 【材料】ケール1kg、レモン1/4個(青汁約2杯分)
ケールの量


1、ケールの量

ケール約1kgの量です。
分かりやすいように手で持ってみました。

葉っぱの様子


2、葉っぱの様子

洗浄なしの葉っぱには周りの雑草の種や小さな虫、虫の卵などの異物が混入する場合があります。

一枚一枚洗浄することで、異物ややっぱについてほこりなどを落とします。

しかしながらこれらの異物を洗浄で完全に取り除くことはできず、虫の卵や食べ数が残る場合もあります。

洗浄


3、洗浄

葉っぱの裏や葉脈のくぼみに汚れや土がついている可能性があります。

たわしやブラシを使って流水で丁寧に洗い流しましょう。

そのあと大きな容器に入れてもう一度ざぶざぶと洗います。

ケールを切ります


4、ケールを切ります

ケールは葉脈が長く強いため、軸の部分と葉の部分は別々にしてジュースをつくります。
(一緒にカットしても構いません)

茎の部分は斜めに切るとジューサーに入れやすいです。
葉っぱは少し小さめに切ります。

繊維が長く丈夫なため、ジューサーが詰まりやすいからです。

ジューサーに入れます


5、ジューサーに入れます

ほかの葉物野菜と比べると繊維が丈夫で長いので、すこしづつ入れましょう。

低速回転式のジューサーはこちら>>

出来上がり


6、出来上がり

レモンや河内晩柑・グレープフルーツなどのかんきつ類を加えると香りがよく飲みやすくなります。

出来立てをすぐにお飲みください。

もし残ったら製氷皿で冷凍すると、ほしい分だけ解凍できて便利です。

ケール生葉 お客様の声 ケールのおかげで、みんな元気です 青葉の栄養素を味わえる驚くほどに満足度の高いお味でした。 ケールをキウイといっしょにジュースにしてみました お届けするケール生葉の産地 産地は和歌山県・三重県・静岡圏、夏は三重県岐阜県・北海道です。関東・東北で栽培されているものは一切ございません
  • 全体の圃場面積(収穫量)は十分ですが、各産地の有機圃場のケール葉にも限りがあり有機JASのケール葉と特別栽培ケール葉(認証がありませんが栽培は同様です)のお届けとなります。
  • 極力よいものをお届けするために、収穫計画がめまぐるしく変化いたしますので、そのたびごとの栽培方法や産地のご連絡はできかねます。
    また産地のご指定もお受けできかねます。
  • 納品書の品名と表示につきましては「有機ケール生葉」と「特別栽培ケール生葉」(認証はありませんが栽培は従来とおりです)の2種類になります。

ご理解のほど、よろしくお願い致します。

必ずお読みください 以下についてご理解いただきました上、ご注文くださいませ。 今お届けしているケールに、小さな虫の卵のようなものや、虫の食べた跡がついていることがあります。これはマメハモグリバエと呼ばれる虫です。農薬を使っていないために、この小さな虫が葉っぱのなかに住み着いています。このまま絞って青汁にしていただいても衛生的には何の問題もありません。夏の間はケールとこの虫は一緒に暮らしています。出荷前に葉っぱを一枚ごと点検し、目に見える虫は手作業で取り除きます。しかしながら、見落とした小さな虫が輸送中にケールを食べたり、卵が輸送中に還り青虫になってお手元に届く可能性もございます。申し訳ございませんが、現状これらを完全に取り除くことは難しい状況です。虫食いや虫の混在、卵の存在をご不快に思われる場合は、ご注文をお控えいただきますようお願いします。
よくある質問 ケールについて 法人様へ ケールを特別価格で
■お届け日ご指定のある場合は、発送日の翌日(水曜・土曜)をご指定ください。

ケールは毎週火曜日・金曜日の発送です。

・ 火曜日出荷の締め切りは 木曜日午前中までにご入金確認
・ 金曜日出荷の締め切りは 火曜日午前中までにご入金確認


契約生産者さんに出荷数量を事前にお願いし、お客様のご注文数のみを収穫します。
できる限り新鮮な状態でお受け取りいただきたいと思います。

また、その関係により締切日を越えてからのご注文内容変更・及びキャンセルは一切お受けすることができません。

お届け日のご指定のある場合は、発送日の翌日(水曜日・土曜日)をご指定ください。
※ 地域によりましては、発送日の翌々日のお届けになる場合もございます。
 ご不明の際はお問合せください。

■追加送料につきまして

大変申し訳ございませんが、北海道・沖縄へのお届けは1728円追加送料が加算されます。

ご購入はこちらから 1kg・2kg・3kg・4kg・5kgより選べます ケール生葉
特別栽培ケール生葉

年末年始に伴いご注文・変更・キャンセルの締め切り日が一部異なってまいります。
以下にてご確認いただきご注意くださいませ。


12月16日(土)
   にお届けいたします。

遠藤青汁大阪研究所さん
青汁健康法の提唱者である故遠藤仁郎医学博士の指導のもとに発足した、ケール健人の会の会員指定事業所として、1987年に大阪で設立した会社です。

健康のため確信をもってご利用いただける製品づくりを目指す青汁メーカーです。

一年を通じて無農薬のケールを栽培し、品質のいいケールを出荷いただいています。

無農薬ケール農場

6月 三重県名張市のケール畑の様子です。

ケールは一切の農薬を使わずに栽培しております。そのため葉の破れ・虫食い、虫や卵の混入等がございます。恐れ入りますがご了承のうえお買い求めください。 

無農薬ケール

小さな虫や虫の食べ残し、虫の卵が混入することもあります。虫の活動が活発になる夏場は、特に虫食いや虫の混入が見られます。ご注文の際はご注意ください。







無農薬ケール未洗浄



 

 



 

産地直送

生産者

遠藤青汁大阪研究所 (ケール生葉)

農薬等

農薬・化学肥料不使用

お届け

【ご注意ください】
年末年始は発送・締切日が
通常と異なります。

配 送

夏季のみ冷蔵便  ⇒ 送料について

特別栽培ケール生葉(洗浄済み)1kg

2,452円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(洗浄済み)2kg

3,499円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(洗浄済み)3kg

4,046円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(洗浄済み)4kg

5,093円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(洗浄済み)5kg

6,531円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(未洗浄)1kg

2,302円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(未洗浄)2kg

3,199円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(未洗浄)3kg

3,596円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(未洗浄)4kg

4,493円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

特別栽培ケール生葉(未洗浄)5kg

5,781円 (税込) 送料込産地直送

買い物カゴに入れる

葉の保存は冷蔵庫で3〜4日程度。使い切れない葉っぱは青汁にして冷凍保存。


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
※年により、上記の期間でも出ないときもあれば、上記期間外でも出る場合がございます。ご了承ください。
 
 
 

このページはケール生葉(未洗浄)1kgのページです。

ケール生葉は1kgでおよそ10枚。【季節や産地によって違異なります】
この大きさの葉っぱは約110g。これが10枚。

このページのケールは洗っておりません。


ケールのコールスロー アンチョビーを添えて

肉厚で味が濃くておいしいケール。アンチョビーの塩味を効かせたコールスローにしました。
甘みのある軸もたっぷり味わって下さい。

レシピはこちら