家族みんなが忙しい年末。
 夜遅い日が続いたりして
 体調を崩しやすい時期ですね。
 こんなときこそたっぷり野菜を食べて
 元気に乗り切りましょう。
 とろみをつけた料理は
 口当たりを優しく食べやすくすると同時に
 さめにくく、冬にぴったりです。

キャベツとえびの炒め物
カブの豆乳ポタージュ
白菜と豚肉のとろとろ煮込み
レンコンのチヂミ
野菜スープで作るおうどん

 キャベツとえびの炒め物

キャベツは炒めると味がしみこみにく水っぽくなりがち。
でもスープを加えてとろみをつけると、うまみたっぷりに仕上がります。

材料

キャベツ ・・・ 300g
殻つき ・・・ えび 100g 
[下味用]
塩・こしょう ・・・ 少々
酒・片栗粉 ・・・ 各小さじ1杯

サラダ油 ・・・ 小さじ1
チキンスープ ・・・ 100cc
塩・こしょう ・・・ 適量
片栗粉 ・・・ 小さじ2
(水20ccほどで溶いておく)

作り方

キャベツは食べやすい大きさに切る。
大きさをそろえるのがおいしさのコツです。
えびは塩水で洗い、尾の一房を残してからをむき、
背に切り目を入れて背わたを除く。
ちょっと深めに切込みを入れると炒めた時に
きれいに見えます。
片栗粉と日本酒をまぶしておきます。
フライパンに油を熱して、焦げないようにえびを炒めます。キャベツを入れ、すぐにチキンスープを入れ、蒸し煮のようにする(きれいな色に仕上がります。)
水溶き片栗粉を加えて出来上がり。

カブの豆乳ポタージュ

優しい味のカブに豆乳を加えて、こくとまろやかさをプラスしました。
ご飯を入れてとろみをつけるのがおいしさのポイントです。

材料

カブ ・・・ 140g
(大きめなら1個、小さめなら2個)
長ネギ ・・・ 1本
ご飯 ・・・ 大さじ1
(ない場合は米大さじ半分くらい)
豆乳 ・・・ 100cc
塩 ・・・ 適量
チキンスープ ・・・ 300cc
お好みのオイル ・・・ 大さじ2
(バターもおいしいし、サラダオイルだとあっさりしあがります。
オリーブオイルもあいます。

作り方

カブは皮ごと薄きりに、ねぎも薄く切る。
中のほうの小さな葉っぱがあったら
飾り用にゆでておくときれいです。
鍋にお好みのオイルをいれ野菜をいためる。
しんなりしたら鶏がらスープとご飯(米)を入れ
ふたをしてやわらかくなるまで煮る。
やわらかくなったらミキサーに移してなめらかになるまで攪拌し、鍋に戻して豆乳を加えて火にかける。
ぶくぶくと沸騰するとおいしくないので
煮たせないようにするのがおいしさのポイント!
塩を加えてお好みの味に整え、器に移して飾りのかぶの葉っぱを添える。

白菜と豚肉のとろとろ煮込み

旬の白菜の甘みをたっぷりいただくシンプルな煮込みです。
豚肉の甘みが白菜にしっかりしみこんでいます。
作りたてもおいしいし、一日置いてとろっとろになったものも格別です。

材料

白菜 ・・・ 1/4株
豚バラ肉 ・・・ 200g
ねぎの白いところ ・・・ 10cmくらい
酒・塩・こしょう ・・・ 少々
片栗粉 ・・・ 大さじ2(豚肉の下味用)

片栗粉 ・・・ 大さじ2(50ccの水で溶いておく)
日本酒 ・・・ 100cc
水 ・・・ 3カップ

作り方

白菜は葉と芯にわけ、長さ5cmくらいに切り
繊維に沿って細きりにする。
豚肉は長さを半分に切り、
塩コショウして片栗粉を両面にまぶしておく。
面倒だけどこれがおいしさのコツ。
絶対これは守ってくださいね。
厚手の鍋に白菜・豚肉・水3カップ・日本酒100cc、
塩少々をいれ中火で煮込む。
ひと煮立ちしたらあくを取り、火を弱めてことことと煮込む。
ねぎを白髪ねぎにし、水にさらしておく。
白菜が柔らかくとろとろになったら塩で味を調え、
水溶き片栗粉でとろみをつけて、できあがり。
器に移して白髪ねぎを盛り付ける。
赤唐辛子をのせましたが、しょうがやこしょうも良くあいます。

レンコンのチヂミ

普通ジャガイモで作るチヂミをレンコンで作りました。
レンコンの甘みともっちりした食感がたまりません。
レンコンにはセキを沈める作用がありますので、風邪気味のときにどうぞ。

材料

レンコン ・・・ 10cmくらい
卵 ・・・ 1個
にら ・・・ 1/2束
ゲソ ・・・ 100g
小麦粉 ・・・ 大さじ3
水 ・・・ 30cc

白ねぎ ・・・ 3cmほど

ごま油 ・・・ 適量
ラー油・ポン酢 ・・・ 適量

作り方

レンコンは皮をきれいに洗ってすりおろし、
卵と小麦粉・水をだまにならないようにていねいに混ぜる。
にらは4cm長さ、ゲソもにらの長さにあわせて切り、に入れて混ぜる。
フライパンにごま油をいれ、
種を流し込み弱火でじっくりと焼き上げる。
小さめに作ったほうがかりっと焼きあがります。
ねぎをみじん切りにし、ポン酢・ゴマ油・ラー油を
混ぜてお好みのつけだれを作る。
焼きあがったら熱いうちに食べてくださいね。

野菜スープで作るおうどん

野菜の優しいおいしさや栄養が溶け込んだスープです。
干ししいたけはいいだしが出ますが、味が強いのでなくても結構です。
骨付き鶏肉でも同様においしいスープができます。
飲んだ後、からだがいつまでもぽかぽかしています。
気ぜわしい年末、体調を崩しそうだと思ったら食べてみてください。

材料

野菜の端っこ(白菜の芯や大根の皮・白ねぎの青いところなど) ・・・ 適量
干ししいたけ ・・・ 3個
出し昆布 ・・・ 5cmくらい

作り方

野菜の端っこが出るたび捨てずに冷蔵庫などで保管しておく。
ある程度たまったら干ししいたけ・昆布と一緒に
コトコト煮込んでスープを作る。
おいしいスープができたら漉して野菜くずは捨てる。
出来上がったスープに塩・しょうゆで味を整え、
少しとろみをつけて溶き卵を流す。
おうどんを入れて温まったら器に移し、
白髪ねぎと糸唐辛子を飾る。
お好みでラー油を入れるとおいしい。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年