ほくほくほっこり「お芋百科」

2015年10月

秋から冬にかけて、さまざまな芋が旬を迎えます。
定番のじゃが芋、甘さが魅力のさつま芋、上品な味わいの里芋、食感も楽しめる長芋など。この時期においしい芋を、調理方法をくふうして、いろいろなバリエーションで楽しみましょう!
 


 

 

じゃが芋

じゃがいも

★ 特においしい季節は秋と春

一年を通じて手に入りますが、じゃが芋の特においしい季節は、秋と新じゃがが出まわる春です。
男爵薯は、加熱するとほくほくとした食感で、粉吹き芋やマッシュポテトに向きます。メークインは、加熱しても荷崩れしにくいのが特徴。煮込み料理におすすめです。


おすすめレシピ   じゃが芋を使ったおすすめレシピ
ポテトサラダ   切り昆布とジャガイモの煮物   キャベツのコールスロー
ブロッコリー入り
ポテトサラダ
  切り昆布と
ジャガイモの煮物
  揚げ芋まんじゅう
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら

さといも

さといも

★ 食物繊維が豊富 粘りがおいしさのもと

独特の粘りがあり、食物繊維も豊富なさといも。泥つきで、泥に湿りけのあるもの、丸く太ったものを選ぶとおいしいです。泥つきのものは、そのまま水で湿らせた新聞紙などに包み、湿りけを逃さないようにして保存するとおいしさが長持ちします。


おすすめレシピ   さといもを使ったおすすめレシピ
そば粉のガレット ブロッコリーとカッテージチーズで   ホットサラダ   ブロッコリーとじゃがいもの明太マヨネーズ和え
お野菜ぎっしりの
ミートローフ
  里芋とえびの和え物   お豆腐と根菜の治部煮風
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら

さつまいも

さつまいも

★ 品種のバラエティが豊か あまくておいしい

さつま芋の皮色は赤紫、紅、黄、白など、肉色は紫、橙、黄、白など変化に富んでいます。ひげ根がなく、ふっくらと太めなものを選ぶといいです。さつま芋の切り口から出る白い液体はヤラピンと呼ばれ、空気に触れると酵素の働きで褐変します。切ったらすぐに水に浸けるなど空気と触れないようにしましょう。


おすすめレシピ   さつまいもを使ったおすすめレシピ
根野菜のスチームサラダ     秋野菜のパエリア
根野菜のスチームサラダ   サツマイモと豚肉の炒め物   秋野菜と雑穀の
パエリア風おこわ
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら

長いも

ながいも

★ 生でも煮てもおいしい

山芋には、長芋、いちょう芋、大和芋、自然薯など、さまざまな種類があります。長芋は全国的に広く栽培され、山芋の中で最も生産量が多い品種で、水分が多く粘りが少ないのが特徴。太さがが均一、丸く太っているものを選んでくださいね。


おすすめレシピ   長いもを使ったおすすめレシピ
長いもとささみの味噌まき揚げ   長芋の明太マヨネーズ和え   長いものベーコンソテー
長いもとささみの
味噌まき揚げ
  長芋の明太マヨネーズ和え   長いものベーコンソテー
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら

野菜コラムの目次に戻る
 

▼ おいしいお芋いろいろ 野菜セットに追加でどうぞ ▼

 

[有機栽培] じゃがいも(500g)

340円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] 長いも(200g)

330円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] 金時さつまいも 2Sサイズ (300g)

550円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] さといも(400g)

420円(税込)

購入数/

 

有機野菜 Sセット

2,674円(税込)

購入数/