今週登場のおいしい野菜たち 2019年1月11日
2019年が始まりました。
寒さがいっそう厳しいこの時期インフルエンザが流行っています。体を温めて冬を楽しみましょう。
冬にお勧めの梅醤番茶を紹介しています。身近な食材で風邪を予防しましょう。

今週入荷の野菜
今週新登場したのは 

カラフル人参    色鮮やかな3色の人参です。甘くておいしいです。
いよかん      香りがよくジューシーなみかんです。皮が剥きやすいのがうれしい^^
スナップエンドウ  分厚い皮と真ん丸な豆を食べます。ボリュームがあるのでお弁当などにどうぞ。
メークイン    ねっとり系のジャガイモです。シチューやカレーなどじゃがいもの形を残したいお料理に。
葉にんにく    ニンニクの葉です。にらよりしっかりした食感と味です。お鍋や餃子にどうぞ。
セロリ      しゃきしゃきの歯ごたえがおいしい。サラダや炒め物、ピクルスなどに。
紀州夢いちご   大粒のいちごです。色づきもよくご注文から早めにお届けできます。お節句にどうぞ。


どれもおいしいおすすめ野菜です。たくさん食べてくださいね。


今週のコラム *有機梅干と三年番茶でつくる梅醤番茶* 
 
マクロビオティックではおなじみの飲み物 「梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)」。
朝の目覚めの1杯におすすめです。

季節の変わり目や、体調を崩しやすい 寒い季節にはもちろんのこと、夏場の疲れ、エアコンなどによる 冷えが気になるときなど、一年中活躍します。 カラダがポカポカあたたまります!

「梅醤番茶」の作り方はとっても簡単。 つぶした梅の果肉とお醤油、生姜汁を合わせた 「梅醤」に、煮だした三年番茶を注ぐだけ。
「梅醤」を作り置きしておけば 朝番茶を注ぐだけなので とても簡単です。

梅干しは添加物を一切使用しない、 昔ながらの無添加のものを。 体のために飲むのだから 添加物はいらないですよね。

お醤油も天然醸造のものがおすすめです。

主役のお番茶には、三年間熟成させた 「三年番茶」がおすすめです。
三年番茶は、収穫したお茶の葉や茎を乾燥させ、 3年ほどの間熟成させた後に焙じ上げることで、 香ばしくまろやかな味の番茶となります。

ぶどうの木の「三年番茶」は 使いやすい分包タイプ。 1回分ずつがパックになっているので お茶を入れるときもお茶の葉が散らからず お茶らがを捨てる時も便利。 カフェインを含まないので 小さなお子様、お年寄りの方にもおすすめです。


【材料】
有機梅干   1〜2個
有機醤油  小さじ1〜2程度
有機生姜汁 少々
有機三年番茶

【作り方】
1.梅干は種を取り除き、すりつぶし、 醤油、生姜汁を加えて「梅醤」を作る。
2.できた梅醤を小さじ1程度湯呑に入れ、 番茶を注ぐ。

★梅干しは有機認証のものがおすすめです。★

 もともと日本の伝統食材でもある「梅干」は、 身体に良いということはみなさんご存じですよね。

最近では減塩や味付けなど「調味梅干」に 分類される梅干が多く販売されていますが、 本来の梅干しは、熟した梅を塩漬けにし、 土用干し(日干)し、本漬けなどの工程を経て作られます 。梅干の赤い色は赤紫蘇の葉によるもの。 着色料など、本来梅干には必要ないものなのです。 見た目だけで梅干を選ばず、 原料表示を確認して選びましょう。

伝統製法で仕上げた昔ながらの梅干、 さらに有機JAS認証取得のオーガニック梅干がおすすめです。
★ 熊代さんの有機梅干
 
ぶどうの木のおすすめ!今週新登場の野菜はこちらから