有機野菜や野菜セットの宅配・通販。- 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

有機栽培玄米

有機発芽玄米、架け干し玄米(レンゲ米)、コシヒカリ、あきたこまち、ひのひかり各種

有機栽培玄米のご購入はこちら
ぶどうの木の玄米は、すべてJAS認定の有機栽培玄米です。

玄米をおいしく食べるには、おいしいお米を選ぶのが一番です。

ぶどうの木の玄米は、一粒一粒しっかりとした味わいです。
食べ比べてお好みのお米を見つけてくださいね。

「安全でおいしいお米を届けたい」契約農家さんの無農薬・有機玄米

ぶどうの木の有機玄米はすべて契約栽培
生産者さんも流通経路もはっきりしています。
そして、ぶどうの木のスタッフが実際に食べて、おいしさを確かめたお米です。

食の安全性や持続可能な農業への関心が高まる中、契約農家さんは雑草や虫、病気を防ぎながら農薬を使わないお米作りに熱心に取り組んでいます。

安全でおいしいお米を届けたい。
その一心で手間暇かけて作った有機栽培玄米を、ぜひ毎日の健康にお役立て下さい。

玄米の保管は、温度、湿度の管理を徹底

玄米は気温が25度以上になると虫がつきやすくなります。
また、長期間保管するには、カビ、乾燥、酸化、におい移り等を防がなければなりません。

ぶどうの木ではそれらを防ぐため、温度、湿度の管理を徹底した冷蔵庫で玄米を保管しています。

1年を通じてお届けできるよう、在庫を確保しておりますのでご安心ください。
ただし、早めに終了する生産者さんのお米もございます。どうぞご了承くださいませ。

ぶどうの木の有機玄米は全7種類
天日干しでおいしさピカイチ
架け干し玄米【レンゲ米】

レンゲを堆肥に農薬も化学肥料も使わずに育ちました。
刈り取った後はじっくり天日干し。
手をかけ、時間をかけておいしく育てています。

2kg 2,263円 (税込・送料別)
2kg×2袋 4,299円 (税込・送料別)

詳細はこちら

これから玄米食をはじめたい方へ
秋田県産 有機発芽玄米 芽吹き小町

炊飯器で炊ける玄米 「発芽玄米」
玄米食ビギナーさんにおすすめ。

1kg 1,625円 (税込・送料別)

詳細はこちら


つやがあり甘みと香りが高い
石川県産玄米【コシヒカリ】

恵み豊かな白山の伏流水で育ったコシヒカリ。
伝統の加賀料理を支え続けてきた伝統の味です。
華やかなお料理にどうぞ。

2kg 2,160円 (税込・送料別)

詳細はこちら

甘みが強くさめてもおいしい
福井県産玄米【コシヒカリ】

福井県はコシヒカリ発送の地。
越前の豊かな自然と、凛とした新興に培われた食文化の中にこのお米がありました。
冷めてもおいしいのでお弁当にどうぞ。

2kg 2,160円 (税込・送料別)

詳細はこちら

粘りがあって、艶やか
秋田県産玄米【あきたこまち】

広大な干拓地八郎潟でじっくり栽培されたあきたこまち。
ササニシキ系の味でありながら強い粘りがあります。
おにぎりでどうぞ。

2kg 2,160円 (税込・送料別)
2kg×2袋 4,114円 (税込・送料別)

詳細はこちら

もっちり甘い
鹿児島県産玄米【ひのひかり】

神話のふるさと霧島のふもとでできた有機栽培玄米。
九州のお米には珍しく、粘りがあってもっちりとした甘いお米です。
お寿司でどうぞ。

2kg 2,100円 (税込・送料別)

詳細はこちら

ふっくらつやつや
熊本県産玄米 球磨の米【ヒノヒカリ】

球磨川の清流と霧に包まれておいしい水分をたっぷり含んで育ったヒノヒカリ。
熊本県球磨川の清流ではぐくまれた架け干しのお米をどうぞ。

2kg 2,160円 (税込・送料別)

詳細はこちら

特別栽培玄米のお客様の声 特別栽培玄米のお客様の声 特別栽培玄米のお客様の声 特別栽培玄米のお客様の声
ぶどうの木が有機栽培玄米をおすすめする4つの理由

玄米とは、もみ殻を取り除いただけで精白していないお米のことです。
精米した白米は栄養価の高い表皮と胚芽の部分を取り除いてしまっているので、ぬかや胚芽に含まれる栄養素のほとんどが取り除かれてしまいます。

それに比べ玄米は茶色い「ぬか」と呼ばれる部分と胚芽と呼ばれる部分が残っていて、白米の6倍の食物繊維が含まれています。
またビタミンB1は白米の5倍、ビタミンE、カリウムもたっぷりです。

玄米と白米の成分比較
  白米100g当 玄米100g当 玄米の栄養比較
(白米比較)
エネルギー 356Kcal 350Kcal 98.3%
たんぱく質 6.1g 6.8g 111.5%
脂質 0.9g 2.7g 300%
炭水化物 77.1g 73.8g 95.7%
灰分 0.4g 1.2g 300%
ナトリウム 1mg 1mg 100%
カリウム 88mg 230mg 261.4%
カルシウム 5mg 9mg 180%
マグネシウム 23mg 110mg 478.3%
リン 94mg 290mg 308.5%
0.8mg 2.1mg 262.5%
亜鉛 1.4mg 1.8mg 128.6%
0.22mg 0.27mg 122.7%
マンガン 0.8mg 2.05mg 256.3%
ビタミンE 0.2mg 0.3mg 150%
ビタミンB1 0.08mg 0.41mg 512.5%
ビタミンB2 0.02mg 0.04mg 200%
ナイアシン 1.2mg 6.3mg 525%
ビタミンB6 0.12mg 0.45mg 375%
葉酸 12μg 27μg 225%
パントテン酸 0.66mg 1.36mg 206.1%
食物繊維(水溶性) - 0.7g -
食物繊維(不溶性) 0.5g 3.0g 600%

科学技術庁資源調査会《五訂日本食品標準成分表》より

しっかり噛んで食べすぎ予防

玄米は白米に比べると少し食感が硬いのが特徴 です。
それは表皮を精米していないためなのですが、固い分食べる際に良く噛むことになります。

よく噛むと血流が良くなって、消化液の分泌も増え消化吸収が良くなります。

また、そしゃく回数が増えることで、満腹感を得やすくなり食べ過ぎを防ぐ効果も期待できます。

ほかにも「噛む」ことにはこんないいことがあります。

 

よく噛むと脳が活性化する

顎を開けたり閉じたりすることで脳への血液の循環がよくなり酸素と栄養が脳に十分に送られるといわれています。

よく噛むと唾液がたくさん出る

唾液にはホルモンとして働く物質も含まれており、皮膚や葉、口腔粘膜、胃腸などの細胞を増殖し、神経線維の発育を促進するなど発育を促進するといわれています。
玄米をよく噛むことで唾液の分泌が促されます。

よく噛むと味覚が発達する

ゆっくりよく噛んで食べることは、ゆっくり味わうことになります。
そのため味覚が発達し、食べ物のおいしさがよくわかるようになります。

白米の6倍の食物繊維!

同じごはんと言っても、玄米と白米を比較すると玄米には白米の約6倍の食物繊維が含まれています。

この食物繊維には腸の働きを活発にしたり、刺 激したりしながら水分を吸収してボリュームをまし、便のもとになります。
しかし食物繊維は、玄米から白米になる過程で捨てられてしまうぬかの中に、たくさん含まれ ています。
食物繊維が不足すると、腸内の善玉菌の数が減り、腸の働きが悪くなり便秘になりがちです。
便秘になると悪玉菌がはびこり、腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。

腸は人間にとってとても大切な臓器。
腸の健康を維持するためにも、腸内細菌のバランスを取る食物繊維は大切です。

丸ごと食べるからやっぱり有機栽培

玄米は、ぬかの部分まで丸ごと食べるわけですが、実は農薬を使用して栽培された玄米は、このぬかの部分に約83%の農薬が蓄積されているといわれています。

だから農薬を使用していない安全なお米を選ぶことが大切です。

健康のために食べる玄米だからやっぱり有機栽培を選びたいですね。

玄米をおいしく炊くための3つのポイント もみ殻やごみを取り除きましょう

玄米にはもみ殻やごみが混入している場合があります。
洗う前に取り除きましょう。
口当たりがいい美味しい玄米ご飯ができあがります。

玄米の表面を傷つけながら研ぎましょう

玄米のとぎかた(洗い方)は「拝み洗い」が基本です。
玄米をボールなどに入れさっと水ですすぎます。
もみ殻やごみが浮いてきたら取り除きます。
そのあともう一度新しく水を入れたら、両手で玄米をはさみ、優しくこすり洗いします。
これを拝み洗いといいます。

ポイントはなんといっても表面を傷つけながら研ぐことです。
表面を傷つけることによって、水分を吸収しやすく、柔らかくもちもちの仕上がりになります。

炊くときに塩をひとつまみ

玄米にはカリウムが多く含まれているため、苦みが出ることがあります。
塩をひとつまみ入れ、この苦みを和らげます。
梅干しや昆布でも代用でき、おいしく炊き上がります。

炊飯機・土鍋・圧力鍋

玄米を炊くのは時間がかかる、また、おいしくない、消化がよくないというイメージを持たれている方もいると思いますが、ポイントさえ押さえれば体に優しくておいしい玄米を炊くことができます。

特におすすめなのは圧力鍋です。
約20分で炊き上がり、もちもちとしてまるでもち米のような食感です。

手軽においしく炊けるのは炊飯機

玄米炊きモードのついた炊飯器は、誰でも失敗なくおいしく炊きあげることができます。
機種によっては、胚芽精米や分つき米にも対応しているのでとても便利です。

ふっくらもちもち圧力鍋

加熱20分・蒸らし15分でおいしい玄米ごはんが出来上がります。
水の分量はお好みで、白米の場合の1.2〜1.8倍。
弱火で火にかけて、沸騰したらおもりが回るまで火を弱め、20分過熱します。
火を止めて15分蒸らして出来上がり。

土鍋(ステンレスの多層鍋)でも上手に炊けます

鍋やステンレスの多層鍋でも玄米は上手に炊けます。
水の量は、白米の場合の約2倍。
炊き時間は50〜60分を目安にします。

ゆっくり時間をかけて炊き上げます。底にできる「おこげ」も楽しみです
小分けして冷凍保存がおすすめ

玄米ごはんは保温すると味が落ちます。
小分けして冷凍保存するのがおすすめです。
梅酢をつけてにぎったり、ゴマやじゃこを入れておにぎりで保存するとおいしいですよ。

おいしく炊けなかったときは?

玄米がおいしく炊けなかったときは、こんなお料理に変身させてみてください。
どの料理も玄米がおいしく食べられます。

玄米リゾット

失敗した玄米ご飯にお水を加え、スープの素・野菜を入れて柔らかくなるまで弱火でゆっくり煮ます。
出来上がりにお好みでチーズを入れて。アツアツをどうぞ。

玄米クリーム

失敗した玄米にお水を入れ柔らかくなるまでゆっくり加熱します。
フードプロセッサーか裏ごしで滑らかにします。
シチューやグラタンに最適です。
煮込み料理のとろみつけに使ったり、もちろんそのままでも美味しく食べられます。
多めに作って残った場合は製氷皿を利用して冷凍保存してください。

玄米ピラフ

芯があり固めに炊きあがったときは、野菜などと一緒にゆっくり炒めてピラフでどうぞ。

玄米ドリア

玄米だけ、または野菜を適量混ぜ、ホワイトソースをかけてオーブンでゆっくり加熱します。

玄米と分つき米の違いって

収穫されたお米からもみがらを除いたものが玄米、玄米からぬかと胚芽を完全に除いたものが白米。
そして分つき米とは、ぬかと胚芽の部分をいくらか残して精米したものを意味します。

分つき米はその精米度(どれくらいぬかや胚芽が残されているのか)によって、3分、5分、7分などがあり、分つきの割合が高くなるほど、白米に近づいていきます。

玄米には良質のビタミン、ミネラル、アミノ酸、タンパク質、酵素などの栄養がバランス良く含まれていますが、これらの成分はほとんど糠層と胚芽の部分に含まれているので、精白米に比べて栄養的に優れています。

ただ、精白米に慣れている人にとっては食べにくい、調理の手間がかかるという問題がありそれらを解決してくれるのが分つき米です。

炊き方や保存方法は普通のお米と同じ様に扱うことができます。

玄米に近づくにつれて水分を吸収しにくくなるので、炊く前には精白米よりも長めに水に浸けておくことも忘れずに。

ご購入はこちらから
[有機栽培] 玄米