ぶどうの木 有機野菜を1つから

052-793-3085

ご注文・お問合せ / 9:30〜17:00(土日を除く)



[有機栽培] あまおう 280g(6-15粒)×2パック

産地や時期によって、大きさ、色などが画像と異なる場合がございます。

オーガニック認証はもちろん、300項目以上の残留農薬検査を年2回行い残留農薬ゼロであることを確認。おいしさと安全性にとことんこだわった伊世さんのオーガニックあまおう。有機ならではの濃い味わい、濃厚な香りと余韻を味わっていただけます。

[有機栽培]あまおう 280g(6-15粒)

福岡県の伊世いちご園さんが有機栽培で育てる「あまおう」。朝摘みの採れたての完熟いちごを収穫したその日に発送。とびきり新鮮な状態でお届けします。

伊世いちご園さん 圃場

福岡県の代表作「あまおう」です。

宝石のように美しい福岡の代表作「あまおう」。あかい、まるい、おおきい、うまい。この4拍子がそろった福岡県自慢のいちごです。宝石のような赤い果実、濃厚な甘さと香り、贈り物にしても喜んでいただけます。

有機いちご 伊世さんのあまおう

色、ツヤ、ヘタがおいしさのポイント

おいしいいちごの見分け方のポイントは3つ、「色、ツヤ、ヘタ」。色は全体的にまんべんなく赤色であること。ツヤはぴかぴか光っていること。 そしてヘタはそっくり返っていること。

有機いちご 伊世さんのあまおう
いちごは完熟の食べごろになると果汁がたまってパンパンに膨らみヘタの付け根がもりあがり、 同時にヘタも上に反りかえる傾向があります。 写真の「伊世さんのあまおう」をご覧ください。ヘタが反りあがっていますね。これが完熟の証です。おいしく召し上がっていただけます。

大きさはさまざまです

有機いちご 伊世さんのあまおう

大きさはさまざまです。ご了承ください。

ご注文の前にご確認ください

このいちごは『産地直送商品』です。

●通常の商品と同梱はできません。
●「代金引換」でのお支払いはできません。
●のし・メッセージカードの対応は可能です。
ご了承ください。


追加送料につきまして

下記地域にお届けの場合追加送料が発生します。
●北海道にお届けの場合・・・プラス1100円
●東北・関東・上信越にお届けの場合・・プラス440円
●沖縄県にお届けの場合・プラス660円(4P)
 

[有機栽培]あまおう 280g(6-15粒)

伊世いちご園
伊世いちご畑
 
一切農薬を使わない我が家の畑では、昆虫や微生物が沢山住んでいます。テントウムシを代表するような害虫を食べる天敵昆虫や、病原菌を食べる昆虫もいます。

悪さをする病原菌と戦っている土着菌も豊富に住んでいます。苺のシーズン中にかかわらず畑にキノコが生えることも珍しくありません。

害虫や病気が全くいないわけではなく、天敵昆虫によって増殖しないように抑えられています。見えない生態系の力が我が家のあまおうの美味しさを支えています。  

「スーパーのあまおうは食べた後に喉がイガイガするんだけど、伊世さんの苺は大丈夫だったの」というアレルギーをお持ちのお客様の声を頂きます。これが私たちにとって成績表であり、間違ったことをやっていないという自負になっています。

安全なものは本当に美味しく栄養価が高い。昔ながらの泥臭いイチゴ作りを今後も続けていきたいと思います。 代表 伊世 義行

産地直送 送料込

生産者

伊世いちご畑

生産地

福岡県

農薬等

JAS認定 有機

お届け

ご注文後7-10日後にお届け

配 送

冷蔵便  ⇒ 送料について

税 率

軽減税率

[有機栽培]あまおう 280g(6-15粒)×2パック

4,100円(税込 4,428円送料込産地直送

買い物カゴに入れる

[有機栽培] あまおう 280g(6-15粒)×4パック

7,210円(税込 7,787円送料込産地直送

買い物カゴに入れる

到着後は冷蔵庫で保管いただき、当日中にお召し上がりください。

食の安全に求められるものを探して

中国で生活する中で食の安全について疑問を持ち、帰国後日本を一周しながら食の安全に求められるものを探した伊世さん。ご夫婦がたどり着いたのが故郷福岡のいちご「あまおう」でした。それ以来ずっと味と安全性にこだわり慈しみながらいちごを育てています。
オーガニック伊世いちご

おいしく作り完熟で届ける。

味を追求するために第一にしたことは化学肥料をやめること。化学肥料をやめると「おいしさ」が全然違う、と伊世さんはいいます。あまおう特有の完熟時の皮のえぐみがないのです。そして徐々に農薬の使用もやめ、ついには農薬を使わないいちご作りの技術を確立。いまはほんの少しの米ぬかを使用する以外、たい肥も使わずにいちごを育てています。

完熟した状態で出荷できることも伊世いちごのおいしさの秘密です。化学肥料を使って育ったいちごは水っぽく、完熟した状態では長持ちしません。そのため完熟では出荷できずまだ青い状態で出荷します。これではいちご本来の香りや味を十分に味わっていただくことはできません。

化学肥料があるといちごの株の根が少なくなる、頑張らなくても水が吸えるからではないかと伊世さんは言われます。葉っぱの寿命が短く光合成の能力も低くなり、いちごの株の太さが全く異なります。これでは伊世さんが目指すとびきりおいしいいちごはできません。

「いちごをなまけさせる環境ではいけない」と、肥料がすぐに手に入る状態ではなくして自然界に放り出す環境で育てています。土の中の微生物、ハウス内の昆虫の生態系などによって完熟でも長持ちするいちごができるのです。

有機いちご いちご畑

いちごでは珍しい「有機JAS]の認証


いちごは世界の中でも品種改良が進み食味や品質が追求されています。美しい四季があり限られた面積の島国である日本は生産量を維持することが優先となり農薬基準や検査の厳しさという点では後れを取っています。経営上リスクが高いため無農薬栽培を行ういちご農家はほんのわずかです。
伊世いちごは育苗から出荷時期まですべての段階で化学農薬をを使用していません。証明として有機JASマークを添付するとともに、年2回の300項目以上の残留農薬検査を行い、残留農薬ゼロであることを確認し、第3者機関の監査を受けることで安全性を客観的に示しています。
どうぞご安心しておおいしくお召し上がりください。

 


電話をかける
お買い物ガイド
定期購入・変更