有機野菜や野菜セットの宅配・通販。- 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

有機栽培(オーガニック)について
有機栽培(オーガニック)と無農薬の違い

「無農薬」と書いてあれば「オーガニック」というわけではありません。
それぞれの特徴を比べてみましょう。

無農薬・無化学肥料・
減農薬(特別栽培農産物)
栽培期間中に農薬や化学肥料を使わない農産物。
つまり『栽培中』についてしか言及していないのです。
たとえば、前年、除草剤を使った田圃で、その成分が残留している田圃であっても、今年、農薬・化学肥料を使わず稲作をすれば、「無農薬米」となります。
有機農産物 栽培の前後にまでルールがあります。
種まきをする2年以上前から農薬や化学合成肥料を原則として使わない、遺伝子組換えの種を使わない、などの生産の方法を定めています。
「有機JASマーク」制度の導入によって「有機低農薬栽培」「有機減農薬栽培」等の紛らわしい表示が規制されました。
JASマークは「有機食品の適切な表示をしている」目印となっています。
有機栽培の難しさ

ではなぜ、全ての農家が農薬や化学肥料を使わずに栽培できないのでしょう。

『有機栽培』は簡単なことではないのです。
高温多湿な日本では病害虫が発生しやすく、雑草や虫を取り除く、その手間と時間は大変なものです。

野菜などは特にその形や大きさの見栄えが一般的に重要視されがちなため、流通の段階でロスが出やすく、どうしても高価になりがちです。

このような現状から、現在国内で有機栽培認定されている農家は全体の1%も満たないと言われているのです。

農薬を使わずに育てるだけが有機栽培ではありません

たとえば、実質的には有機栽培を行っている田圃があるとします。
しかし、その隣の田圃が農薬や化学肥料を使っている場合、JAS認定は受けられません。
その場合、適当な距離を「緩衝地帯」として設けることが必要になります。
隣接する畑からの農薬の飛来「ドリフト」の影響がないようにするためです。

稲作は、上流の水田を経由した用水を直接下流の水田で取り入れた場合、そのままでは有機表示できなくなります。
その場合、上流の農薬や影響を受けない用水の取り込み口が必要となります。
上流の田んぼで使われた農薬や化学肥料の影響を避けるためです。

このように「有機栽培」は栽培期間中に農薬を使わないだけではありません。
近隣の農業の影響を受けないような措置も求められています。

認定された有機野菜だけが安心して食べられる野菜ではありませんが

「有機JASマーク」は食べ物を選ぶひとつの目安になります。
農家の方が、手間をかけて認証を取る。
それは農業に対する姿勢を表しています。

私の大好きな農家、北海道の秋場さんはこんな風に言っています。

「たかが有機認証、されど有機認証。
 認証は万能ではない。でも僕は認定を取りました。」

一方、有機認定を取っていなくても、おいしくて安心して食べられる野菜はたくさんあります。
お隣の畑に農薬が撒かれてしまったり、天候のかげんで害虫が発生したり。
農薬を使わずに収穫したい、と思っていても、それがかなわない時もあります。

おいしくて、安全に食べられる野菜を作る人がいてその野菜を作る人を応援する、その野菜をおいしく食べる。
ぶどうの木では、長くお付き合いをしてきて信頼できる農家さんのものは、JAS認定がなくても、安心して食べていただけると思っています。
しかし、栽培過程を記録し、第3者に認めていただくことは大切な信頼の証しだと思います。
だから私たちは有機農産物にこだわります。

私たちは、おいしくて安心して食べるられる野菜を作る農家の方を応援していきます。


●参考ウェブサイト