有機野菜や野菜セットの宅配・通販。- 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

JAS認定とは
信頼と安心を示す目印 JAS認定マーク

←こんなマークを見たことありませんか。

このマークは、農林水産大臣が決めた全国共通の品質基準や表示基準に合格した農林物資の製品につけられる認定マークです。
ぶどうの木はこの「JAS法で認定された有機農産物」を扱う専門店です。

有機野菜と表示していいのはJAS認定野菜だけ

国(農林水産省)が認めている“唯一の”有機野菜は、JAS法に基づき「有機JAS規格」の検査認証を受けた農産物だけです。 “唯一の”と表現したのには理由があります。

一般的に「有機野菜」として捉えられている野菜には、

  • 国が認証した有機JAS野菜
  • 認定されてはいないものの有機農法で栽培している野菜

の2通りがあります。
そのうち、スーパーマーケットの店頭などで「有機野菜」「有機○○」「有機栽培」「有機農産物」「オーガニック」などと表示してもいいのは有機JAS野菜だけなのです。

農林水産省のパンフレットより抜粋

しかし「無農薬」「無化学肥料」表示は、消費者が一切の残留農薬等を含まないとの間違ったイメージを抱きやすく優良誤認を招くため、表示禁止事項とされています。
同じように「減農薬」「減化学肥料」も削減の比較規準、割合及び対象(残留農薬なのか使用回数なのか)が不明確であり、消費者にとってあいまいで分かりにくい表示なため、同じく表示禁止事項となっています。

農林水産省のHPに分かりやすいパンフレットがございます。
どうぞ参考になさってください。→農林水産省 改正 特別栽培農産物表示ガイドライン

有機野菜の定義は?

「有機農産物」「有機野菜」等と表示するためには、

  • ほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
  • 有機栽培された種苗を使用すること
  • 病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

などの条件を満たすよう、JAS法で定義されています。

これらの要件を満たし認定を受けた農家等は、自ら生産した有機農産物に有機JASマークを付けて市場に供給します。
有機JASマークが付けられていないものは「有機○○」と表示することはできません。

審査・認定方法は?

農林水産大臣に登録された登録認定機関により、書類審査と実地検査の両方を実施し、圃場や加工場が前述の条件を満たしていること、生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことができることを確認することにより行われます。

認定後も有機JAS規格に基づいた生産を行っていることを確認するため、最低1年に1回、認定農家等の調査を行うこととなっています。
さらに、その登録認定機関が適正な業務運営を行っているかについて、毎年1回(独)消費技術センターが監査を行います。

安全な野菜を選ぶには

「オーガニック」「有機栽培」「減農薬」「無農薬」・・・。
インターネットやスーパー、自然食品店の店頭では、いろんな表示の野菜が並んでいます。

偽装表示が次々と明らかになっている現在、信用性に欠けるのではないか?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。
生産から流通、小売という流れの中で、その可能性はないとも限りません。

そんな時「有機JASマーク」は食べ物を選ぶひとつの目安になると思います。
食べ物の作られた過程を考えながら、慈しんで料理し、食べてみませんか。


●参考メモ
JASとは「Japan Agricultural Standard」の略。

●参考ウェブサイト