有機栽培甘夏、河内晩柑で作る手つくりピールの紹介|有機野菜野菜セットの宅配・通販

新規会員登録ログイン買い物カゴ

 無農薬だから皮ごと食べよう! 手作りピール

2015年5月

おいしい甘夏や河内晩柑。実を食べるのはもちろんのこと、厚みのある皮はとても香りが良いので、様々な使い道があります。

簡単なものでは、皮を細かく刻んだり、表面をちょっと削ったりして、クリームパスタのトッピングや、おうどんやお蕎麦などの薬味として使うなど。少しの手間で食卓がおいしく楽しく変わります。試してくださいね。

 皮からはおいしいおやつもできます。ぶどうの木のかんきつ類は無農薬・または減農薬。皮まで安心してお召し上がりいただけます。ぜひピールを作ってみて下さい。
 

大人のおやつ ピールを作ろう!

材料

・ かんきつ類の皮
・ 皮の重量の半分くらいの砂糖
・ トッピング用グラニュー糖
 

ちょっと手間がかかりますが、ほんのり苦い味が魅力です。

1、皮をむき、1〜2cmくらいの太さ、長さは5cm位にそろえて切ります。

2、一晩水にさらしておきます。

3、たっぷりの水で刻んだ皮をゆでます。5分程度煮たらざるにあけます。
  このゆでこぼしを3回繰り返します。手間ですがこの工程をていねいに
  行うことで余計な苦みがなくおいしくできあがります。がんばりましょう。

3、3回ゆでこぼしたらざるにあけ、水気を切ります。

4、お鍋に茹でたピールとお砂糖の半分を入れよく混ぜます。ここに多めの
  お水を加え、じっくり弱火で煮詰めていきます。

5、お水が少なくなり、皮が透き通ってきたら残りのお砂糖を入れさらに
  弱火で煮詰めていきます。

6、水気がなくなってきたら火を止め、
     クッキングシートの上にピールどおしが

  重ならないように気を付けながら並べます。


7、丸一日、風通しのいいところで干します。
    つまんでもぴんと立った状態にまで乾いたら
    完成です。

8、ビニール袋にグラニュー糖を入れそこにピールを入れてまぶします。



 

チョコレートをコーティングして大人の味に。

ここまでは普通にピールの作り方。さて、一工夫してこれにチョコレートをコーティングしてみましょう。贈り物にも最適な大人のピールが出来上がります。

チョコをコーティングするときはグラニュー糖はまぶしません。
ビターチョコを湯煎で溶かし、ピールの根元を1cmほど残してチョコレートをコーティングしていきます。まぶしたらクッキングシートに並べ、冷蔵庫で冷やします。


ウィスキーなどのおつまみにもぴったりです。ぜひお試しください。


 

▼ 今 回 ご 紹 介 し た 野 菜 一 覧 ▼