ケールの表面にブツブツが沢山ついています、これは何ですか。

2014年10月23日 (木) 特別栽培ケール
タグ: |

ケール生葉 に頂いたご質問です。

下記のケールが届きましたが、注文したはずの「洗浄済み」ではないような気がします。
数か月前に二度ほど注文しましたが、これまで見られなかったベージュっぽい色のブツブツが葉の表面に沢山ついていて、爪でこするとポロリとはがれます。
(写りがよくないのですが、写真を添付します。)

ご連絡いただければ幸いです。
PC140237 PC140243 PC140239

ケール生葉
ケール生葉のご注文はこちらから

ぶどうの木より

いつも大変お世話になります。ぶどうの木の高橋です。
いただきましたご質問につきまして、生産者さんより下記の回答がございました。

今後も農薬を使わずにできる限りい状態のケールをお届けできるよう
生産者とともに尽力してまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
—————————————————————————-

このたびいただきましたお客様からのご質問について下記の通り回答
申し上げます。

この斑点はハモグリバエというハエの一種が葉から吸汁(葉の汁を吸う)
した痕跡が殆どであり、中には卵を産み付けた跡もあります。この卵は幼
虫になると葉の内部を喰い、別名「絵描き虫」と言われるような紋様を残す
ことでも有名です。
通例和歌山では2月後半から4月にかけて発生するのですが、今年は早
い発生となっております。無農薬栽培のためこれらの害虫被害は仕方あり
ませんが、食用に何等問題ございませんのでご安心願います。
また、虫の卵と申しますとすぐに回虫や蟯虫を想像される方もございます
が、回虫や蟯虫は胃酸にさらされても死なないので問題となることがありま
すが、通常の虫の卵が万が一体内に入ってもヒトの胃酸で無くなり、孵化
するようなことは絶対ありえませんので、重ねてご安心願います。

追伸:実際に入荷されたものの中にはもっと酷い状態のものもございます
が、見た目にも比較的問題のないものを選び抜いてお送りしている
のが現状です。

有機野菜のぶどうの木 高橋和子