有機野菜専門店 ぶどうの木のオーガニック通信

どんな気候条件でもいい梅を届ける

「その年の気候によってばらつきがあるのは仕方がないですが、お届けの商品にばらつきがあるようではだめですので」 熊代さんがおっしゃる通りどんな天候でもいい状態の梅をお届けするのが私たちの目標です。 まだまだ未熟で、天候に左右されてしまいますが、来年は今年よりもっといい品質の梅をお届けできるよう今から努力していきます。

梅干しがかびた!でも大丈夫。

この記事は梅のカビが生えてお困りの方に、カビが生えてしまった梅をおいしい梅干しにするリカバリーの方法をお伝えします。 カビが出てもあきらめないでくださいね。おいしい梅干しができます。できるだけカビをすくいます。 カビの原因となるもの(傷んだ梅、ほこり、重石など)を取り除きます。 梅酢をステンレスかホウロウの鍋に取り分けしっかり煮沸消毒します。

漬けてください、愛情のこもった梅干し。

ぶどうの木で梅干しつくり教室を開催しました。毎年ご自分で梅干しを漬けられる方はもちろんですが、これから梅干しを漬けたい、と思ってくださる方に興味を持っていただきたかったのです。 梅干し作りは難しいようですが、コツさえつかめば簡単に自分でできます。おいしい梅干しはたくさん売っていますが、ご家庭で作る味にはかないません。それは漬ける人の愛情です。特にお子さんには手作りの梅干しを漬けてほしいです。来年はお子さんと一緒に梅を漬けていただきたい。おかあさんと一緒に漬けた梅はお子さんの心に残ることでしょう。

2018年有機生梅 終了。

熊代農園の有機栽培梅 2018年のご注文が終わりました。今年もたくさんのご注文をいただきありがとうございました。 インターネットで物を頼めば翌日すぐ到着する時代です。スーパーにもおいしそうな梅がたくさん並んでいます。 そんな中、いつ届くか全くわからない私どもの梅をご注文いただき、ずっとお待ちいただくことを本当にありがたく、感謝しております。ありがとうございます。毎日お忙しい中梅の到着をお待ちいただきありがとうございました。

ぶどうの木は信頼できますか

昨日「ぶどうの木さんのにんじんは安全ですか」とお問い合わせをいただきました。ネットで調べていると同じような店が沢山あり、それぞれの店が自分の店の安全を強調していて、どの店が安全なのかが分からなくなってきたとのこと。有機栽培の認証を取るのにはお金と手間がかかる。だから有機の認証を取っていないけれど、栽培方法は有機栽培と同じです。 小分け業の資格を持っていないので、当店で小分けしてしまうと有機栽培とは言えなくなります。でも人参は有機栽培です。 有機栽培は農薬を使ってもいい、だから安心できない。うちのにんじんは無農薬だから安心です。

梅雨のお届け方法、思案中

ジュース用人参はいろいろな条件の中で最善の方法でお届けします。 季節や圃場、ここまで届く運送便の種類などで人参の状態は日々変わっています。 その時にできる「一番鮮度良くお届けできる方法」でお届けしてまいります。 これからもどうぞよろしくお願いします。

寺岡有機農場有限会社様 来訪!!

寺岡有機農場有限会社様 来訪!!

おいしいミックスリーフやベビーケール、レタスミックスでおなじみ、広島県の寺岡有機農場有限会社さんがいらしてくださいました。寺岡有機農場さんはお醤油やみその会社さん 寺岡有機農場さんはもともとはお醤油やお味噌の会社。有機栽培のみそやしょうゆを醸造されています。その原料の麦や大豆を栽培することをきっかけに有機栽培を始められたそうです。農場は広島県内に3か所。ベビーリーフや葉っぱの野菜、人参やゴボウなどの根菜類、ナスやズッキーニなどの実の野菜を主に作られています。

みんなで梅干しを作りました。

みんなで梅干しを作りました。

6月20日 熊代農園の梅で梅干をつけました。 今回皆さんでおしゃべりしながら梅を漬けて本当に楽しかったです。ゆっくりお話しして笑いながら梅を漬ける。こんな時はどうするの?かびたらどうする?干したシソは?梅酢はどう使う?などなど、知りたいことはいっぱい。 時間をかけて、その場所に行って、みんなでおしゃべりしながら一緒に時間を過ごして梅を漬けることはとっても楽しい。 個の梅を食べる時には棘さんの雨に濡れた新緑と岡田先生の笑顔と棘さんのおいしいご飯、参加された皆様のお顔が思い浮かぶことでしょう。 参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。一緒に時間を過ごせてよかったです。 参加されなかった方、また来年ぜひご参加くださいね。