2012.12.25[火] にんじんの「皮」につきまして

手元に届いたときに表面が黒ずんでいるのですが

形が悪いのは何の問題もなく、むしろ自然に近い感じがして好感を持っています。
ただ、表面が黒ずんでいて洗った後はそのくろずみが全体に広がります。どうしてなのでしょうか?
鮮度の問題のような気がしますが、理由があるなら教えてほしいです(逆に自然に近いから、とか)

201/12/19 H様より

 

H様 いつもぶどうの木をご利用いただきましてありがとうございます。
頂きましたご質問にお応えさせて頂きます。

にんじんの皮


にんじんの皮は とっても薄く白っぽい色をしています。
産地で土を落とすために洗うときに向けるくらい薄いです。

そして皮には料理に使うラップのように、鮮度や水分を外に逃がさないようにする役目があります。

この皮は非常に薄く、産地で出荷する際洗浄機にかける時にむけてしまう場合があります。
むけなくても、時間が経つと洗ったときに出来る無数の傷から水分が抜けて白っぽくなる場合があります。

産地により使う機械の種類、ブラシの長さ、洗浄時の回転数などが違い、表面の様子が違います。
また季節や品種、天候土壌の様子など によっても皮の状態が違い、にんじんの表面が変わってきます。

下の写真は12月19日に入荷してきた4箇所のにんじんです。
それぞれ表面の様子が違ます。クリックしたいただきますと画像が拡大されます。よろしければ大きな画面でご確認ください。

無農薬ジュース用にんじん

島根県 雪下にんじん。貯蔵中に出来た黒すみやしわがあります。

熊本県産無農薬ジュース用にんじん

熊本県 吉水農園。 皮がところどころむけています。ちょっとみ汚い感じがします。

北海道工藤さんの無農薬にんじん

北海道工藤さんのにんじん。 少しくろずみがありますがつやつやしています。

無農薬ジュース用人参

岡山 香西さんのにんじん。キレイです。

 無農薬有機栽培ジュース用人参4産地 無農薬ジュース用人参

4つの産地のにんじんを一度に並べてみました。表面の様子はそれぞれこんなに違います。
手前から 岡山香西さん 北海道工藤さん、熊本吉水さん、島根佐々原さん

吉水さんのにんじん洗浄機は他の産地と比較するとにんじんを強く洗うため、洗浄時に皮が向けてしまいます。
又表面に細かい傷ができるため 、他の産地と比較したときに黒ずみやすい傾向があります。
また北海道のにんじんは気温が低い環境で育ちますが、九州は気温が高く 長期保管が苦手な傾向があります。

このように同じ時期に収穫しても皮の状態がこれだけ違うこと、その理由は品種・産地などによる生理的なものと
機械による物理的な理由 の2つがあることをご理解くださいませ。

今後ともどうぞよろしくおねがいします。

 

有機野菜のぶどうの木 高橋和子


No Comments »

高橋 好文 on 12月 25th 2012 in お客様からのご質問

Comments are closed.

Trackback URI |