有機野菜専門店 ぶどうの木のオーガニック通信

特別栽培リンゴ 宮下さんに行ってきました

こんにちは ぶどうの木の高橋です。
11月11日 あいにくの雨模様のお天気でしたが、
おいしいおいしい特別栽培のリンゴを育てて下さる宮下さんのリンゴ畑に行ってきました。

名古屋から約2時間。長野県松川町と言う、名古屋に近い下の方に果樹園があります。
下伊那地方は道祖神がたくさんある地方。宮下さんの畑にも道祖神がありました。

 

 

地面につくくらい たわわに実ったりんごたち。
木が折れそうなくらい枝がしなっています。 そのリンゴ畑のわきにはこんな素朴な道祖神。
信州にきたなー と思う瞬間です。

 
圃場を見せていただきながら、栽培の苦労や工夫を教えていただく社長と宮下さん。
手に持っていらっしゃるのは生物農薬。
フェロモンを利用して害虫を駆除する仕組みです。
これをリンゴの木に下げてリンゴにつく虫を駆除します。
 
  

 真っ赤に熟したりんご。これはふじ。
見事な紅葉。枯れ葉のじゅうたん。

太陽の恵みとお水と空気でこれだけのものができてくるのは本当に不思議です。
 

りんごを食べて育った黒豚です。豚の糞は十分に発酵させてから堆肥に使用します。
お肉は自分たちで加工して販売しています。

 

さんさんファームにはヤギもいます。 かわいい^^

 

そして生産者さん 宮下夫妻。
宮下さんと私はお互いの子供が同じ高校。
有機農業を学ぶ全寮制の高校 愛農学園農業高等学校  

ご子息の宮下君はうちの次男の二つ先輩。在籍中は保護者会でご一緒させていただきました。
誠実な人柄で朗らかな宮下さんご夫婦。
きちんと管理された栽培で育てられたリンゴや他の果実は
安心だけでなくとってもおいしいです。