有機野菜専門店 ぶどうの木のオーガニック通信

熊代農園 梅の収穫を見に行ってきました《 収穫》

今年も梅の季節がやってきましたね。梅酒・梅シロップ、梅しょう油、梅味噌を仕込んで、梅仕事を楽しんでいる高橋です。こんにちは。

6月17日土曜日、青梅の収穫の様子を見学するため奈良県吉野の熊代農園に行ってきました。朝7時、すでに熊代さんの作業場には作業スタッフのみなさまが待機しておられます。「今日は取材が入るから~」と熊代さんから皆さんに紹介していただき、作業が始まります。

収穫、選別、計量、発送とすべての作業を一日で行います。楽しそうな収穫の作業をレポートさせていただきます。どうぞみなさまにこの梅の里の様子が伝わりますように。お手元に届いた梅をご覧になったとき、吉野の梅畑と、収穫する皆様の様子を思いだしてくださいね。

朝7時。車は作業場を出発。車で20分ほど離れた梅畑に移動します。​​

​​​​軽トラの荷台から撮影した梅畑の様子です。お天気が良く、鶯の声が気持ちいい吉野の梅の里。みなさまのお手元に届く梅のふるさとがここです。みなさまに伝わりますでしょうか。

畑につきました。収穫のための道具を車から降ろします。梅を入れる籠を腰に付け、丁寧に収穫します。

お日さまが当たる場所の梅。こんなにきれいに色づいています。お天気も最高。さぁ、収穫の始まりです。​

​ 最初に梅の木の下にネットを張ります。自然に落ちた梅は過熟(熟しすぎ)なので、熊代農園で梅干し用に使います。大切な梅が落ちて傷つかないようにていねいにネットを広げます。

梅の木の中に潜り込んで梅を収穫します。どこにだれがいるのか分かりません。

手の届くところは地面に立って、だんだん脚立を使って上の実を収穫します。
ここはかなり上のほう。梅の実にお日様が当たってきれいな紅色に色づいています。「こっち向いてください!」とお願いして撮影させていただきました。

腰のかごがいっぱいになったら、コンテナに移してまた収穫。
青空がきれいです。

社長と梅を見て何か話しています。


温度が上がらないうちに収穫します。たくさんの人で一気に収穫します。

収穫したての梅を見ながら今年の梅の状態を確認する社長と熊代さん。真剣なまなざしです。

――――――――――――――――――――――――
有機野菜の通販 ぶどうの木
【運営】株式会社 東研 (とうけん)
〒463-0051 名古屋市守山区小幡太田15-22
TEL : 052-793-3085 (受付9:30-17:00)
MAIL : info@budounoki.info (24時間受付)

HP      http://goo.gl/HFN4qW
Facebook   http://goo.gl/0Bse6c
Instagram  https://goo.gl/K79vbR
Twitter   https://goo.gl/51m8p1
――――――――――――――――――――――――