有機野菜専門店 ぶどうの木のオーガニック通信

産地や生産者さんたち一覧

生産者さんや産地の様子をお知らせします。

九州の産地を訪問してきました/ななくさ農園・SOHファーム

朝晩がすっかり冷え込んできましたね。ぶどうの木の高橋です。 さて、九州・広島からの少しづつにんじんの出荷が始まりました。これから4月中旬~5月まで九州がにんじんの一大産地となります。にんじんだけでなく各種の有機野菜の収穫が始まります。 10月の終わりにぶどうの木のスタッフが九州南部を訪問してきました。各産地の生産者さんと産地の様子をお伝えいたします。

どんな気候条件でもいい梅を届ける

「その年の気候によってばらつきがあるのは仕方がないですが、お届けの商品にばらつきがあるようではだめですので」 熊代さんがおっしゃる通りどんな天候でもいい状態の梅をお届けするのが私たちの目標です。 まだまだ未熟で、天候に左右されてしまいますが、来年は今年よりもっといい品質の梅をお届けできるよう今から努力していきます。

寺岡有機農場有限会社様 来訪!!

寺岡有機農場有限会社様 来訪!!

おいしいミックスリーフやベビーケール、レタスミックスでおなじみ、広島県の寺岡有機農場有限会社さんがいらしてくださいました。寺岡有機農場さんはお醤油やみその会社さん 寺岡有機農場さんはもともとはお醤油やお味噌の会社。有機栽培のみそやしょうゆを醸造されています。その原料の麦や大豆を栽培することをきっかけに有機栽培を始められたそうです。農場は広島県内に3か所。ベビーリーフや葉っぱの野菜、人参やゴボウなどの根菜類、ナスやズッキーニなどの実の野菜を主に作られています。

有機栽培梅 熊代農園は梅が満開

有機栽培梅 熊代農園は梅が満開

無農薬南高梅ほか、吉野で有機栽培梅を栽培する熊代さん。今年もおいしくて良質な梅を送っていただけるよう産地で打ち合わせしてきました。熊代農園の代表品種は「南高梅」「南高梅」は、梅の品種の中でも実がとてもやわらかく、「南高梅」の梅干は、ふっくらとして果肉が多くそれはそれは美味しい梅です。 熊代さんは「皮ごと食べる梅だから・・と」有機肥料と低農薬にこだわりつづけ、少しでも農薬を減らすようにと研究し、安全で安心な梅作りを貫いてきました。そして徐々に農薬も化学肥料も使わない梅作りの技術を確立し、農薬も化学肥料も使わずに梅を栽培する「有機JAS認証」を取得しました。 熊代農園の梅は有機栽培。無農薬・無化学肥料栽培です。

野菜の高騰、そのわけは

野菜の高騰、そのわけは

今お野菜が高いですよね。これにはいろいろな原因と事情が複雑にからみあい野菜の高騰が起こっています。私が扱っている範囲での、高騰の原因と理由をご説明させていただきます。もちろん今回書かせていただく内容と違う原因や理由もございます。 あくまでも私個人の見解でお話しさせていただきます。

りんごの保管はなぜ木箱なのか

今回の産地訪問の際にりんごの貯蔵冷蔵庫を見せていただきました。 これらの木箱の中身はぜーんぶりんごです。 現在収穫・選別中だったため冷蔵庫は半分くらい空いておりましたが(でも通路を考えると適性密度だと思うのですが)選別が終わると入り口までびったり木箱で埋まるそうです。 取り出すときは入り口近くのものからしか出せないため冷蔵庫に入れていく順番も大事なんだとか。 私は長年、ずーっと気になっていたことがありました。 なぜりんごの保管は木箱なのか。 理由は”色づき”のため。 木箱の成分(なんという成分だったかは失念しました。すみません)により、りんごの赤みが増すため木箱での貯蔵を行っているそうです。 出荷は重いし運びにくいため段ボールを使用しております。 これから春先までおいしくて安心なりんごを出荷してまいります。

産地に行ってきました!(兵庫・奈良)

産地に行ってきました!(兵庫・奈良)

先日ぶどうの木の契約産地さんの中で関西地方の生産者さんにお会いに行ってきました。 兵庫県 ヘルシーママSUN ぶどうの木の主力産地であるヘルシーママSUN。 少量多品目のお野菜を年中作っている生産者さんです。 安心・安全は当たり前として、気を付けていることは”野菜を切らさない事”。お野菜は毎日の食卓に並ぶものなので、品目の多い・少ないはあっても「出荷できるものが無い」という状況にならないよう播種から作付けまで考えて作られています。

食用ほおずき 長野県産有機栽培

ほおずきって食べられるの? そうなんです。これは食べるほおずき。 生産者の岩瀬さんは語ります。栽培品目にほおずきを選んだのは、ご自分が食べられて衝撃を受けた品目だから。 「珍しい」「食べられるんだ」ではなく、単純に美味しかったから。”この感動を一人でも多くの方に感じていただきたい。”そんな想いで栽培されています。