Q. ジュース用人参1kgの量はどれくらいですか。

両手いっぱいに並ぶくらいが1kgです。

ジュース用人参は規格外のため、大きかったり小さかったりするにんじんです。
そのため、何本とはお答えできかねます。

有機栽培ジュース用にんじん

有機栽培ジュース用にんじん

大きさや形も様々な規格外の人参たち
上記写真の量がにんじん約1kgです。どうぞご参考になさってください。

また通常スーパーで販売されているにんじんが一袋400gくらいです。
あのにんじんの2.5倍の量とお考えください。

Q. ジュース用人参は 「ジュース用」として栽培されているのですか?

スーパーで販売している普通のにんじんたちと同じ畑で育ちました。

ジュース用として育てられたわけではなく、形のそろった人参と同じ畑で、同じ時期に収穫された有機栽培の人参です。洗浄・箱詰めの過程で、形が悪いものや割れたものを「ジュース用規格外」として選別して出荷します。

スーパーの店頭に並ぶにんじんって大きさがそろっていて形もまっすぐですよね。でも畑で採れるにんじんの3割程度は小さかったり大きかったり割れていたり、形が不ぞろいなどの理由で普通に出荷することができないんです。

この規格外で通常に出荷できないにんじんを、「気兼ねなくたっぷりジュースにして召し上がっていただきたい」そんな気持ちで「ジュース用にんじん」としてお届けしています。

形が不ぞろいだって農薬も化学肥料も使わずに、心をこめて栽培されているから、おいしさも安心も普通のにんじんと同じです。

Q. どんな形のにんじんが届きますか?

ぶどうの木ではこの人参は「ジュース用」としてお届け致します。
全てのにんじんがこんな形ではありませんが、ぶどうの木ではこの形状の人参は「ジュース用」としてお届けさせていただきます。ご了承の上お買い求めくださいませ。

割れたにんじんも入ります。 発育途中で傷が付くことがあります。 われ、ひび、変色やカットしたものが入る場合があります。
折れたものも入ります。 ひげ根が残っている場合がございます。 きつく洗いますので薄皮が部分的にむけています。
黒ずんでいるものも入ります。 割れた内部には洗浄のブラシが入りにくいため泥が残っている場合もあります。 時期や圃場の状態によっては小さいものばかりのものもあります。

●季節や産地により形も大きさも様々です。
●贈り物や形が整ったにんじんをご希望の方は通常の規格品のにんじんを
ご利用下さい。
通常のにんじんはこちら

●毎日入荷してくる人参の様子をお伝えしてます。どうぞご覧下さい。
今日のジュース用人参のページはこちら

Q. 夏の間に届くにんじんが黒ずんでいます。

黒ずむのは生理的な現象。中は新鮮。ご安心して召し上がってください。

にんじんの旬は冬。暑さが苦手なにんじんは押されたり、輸送途中の温度差などにより黒ずむことがあります。
収穫したにんじんの泥を落とすときに大きなブラシで洗浄しますが、その際「うすかわ」がむけることがありその後も夏場は黒ずむ原因になります。

にんじんの黒ずみはにんじんに含まれるポリフェノールが酸化して起こる生理的なもの。
りんごの皮をむくと茶色くなるのと同じで、召し上がっていただいても体に害はありません。気になる場合はその部分を取り除いて召し上がってください。

ジュース用にんじん黒ずみ ジュース用にんじん黒ずみ
人参は夏の暑さが苦手です。また箱にあたったり押されたりする場所は黒ずみやすいです。
ジュース用人参 くろずみ ジュース用人参くろずみ
外側は黒ずんでいますが、カットしてみると中はつやつやです。

Q. 産地よってニンジンの状態に大きな違いがありますか?

気候・品種・土壌・天候によって「規格外」の形が変わります。

にんじんに限らず、形が悪いものは一般市場では受け取り手がありません。姿かたちが悪くても、味や栄養価などが劣るわけではありません。規格外のにんじんも、農薬や化学肥料を使わずに心を込めて作られた、美味しい人参なのです。

ときどき「今回のにんじんは今までのものより形が悪いものが多い」というお声をいただくことがあります。

「ジュース用のにんじん」品質基準についてですが、収穫時期や生産者さん、生産地や圃場の状態、生育時のお天気、主格時の天候などによって状態にかなりの違いが出てきます。一定の基準は設けいますが、正直かなりのばらつきがあります。

生産者さんや産地が一つであれば、一定の品質の幅を決めることができることもありますが、時期にあわせて日本各地の契約農家さんから一年を通して納品されるため、基準を定めるのが難しいのが現状です。

ある生産者さんが「規格外」と判断した人参でも、十分特選品に該当するようなものが入ってくることがあります。その場合でも「ジュース用」としてお得な価格でお届けすることがあります。その際は「使いやすい」と喜んでいただけますと幸いです。

Q. 変な形のにんじんは気持ちが悪いのですが

発育途中で傷ができた人参です。普通のにんじん同様お召し上がりください。

『本日、人参とレモン届きましたが、 今回の分は、ほとんど全部が二又になっている人参なので、家内が、ちょっと不安になりました。 電話で問い合わせたところ、品質自体には問題はないとのご返事でしたが、本当に大丈夫なのでしょうか。
一応、メールでご返事いただければ幸いと存じます。』

東京都U様より頂いたご質問です。

通常にんじんを栽培しますと2~4割程度形が悪いにんじんができます。

通常の市場流通では出まわらず、給食や外食などの加工品やジュースなどに主に使われます。
そのため、形が悪いにんじんをご覧になられる機会はおっしゃられるように非常に少ないと思います。

土の中で成長する過程で石にあたったり、虫にかじられたりしたところが枝分かれしたり割れたりしてまっすぐに育つことができない場合があります。
形が悪いにんじんもスーパー等で並んでいる人参と同じ時期に播種(種まき)を行い、同じ畑で育ったにんじんです。どうぞご安心してお召し上がりください。

また、どのような点でご不安でいらっしゃるのか、もう少し詳しくご連絡を頂きますとさらに詳しくお答えできると思います。
もしこの回答でご納得いただけない場合はまたご連絡下さいませ。
私ではお返事できないことも農家さんにお聞きして、ご納得いただけるまでお返事させていただきます。

またもし、形がそろったにんじんをご希望でしたら枝分かれなく、形も大きさもそろったにんじんもそろえております。
よろしければそちらのご利用もご検討下さいますようよろしくお願いします。

Q. 先っぽがカットされているのはなぜですか?

先が分裂した人参を箱にきれいに入るようにカットしたり、
機械で掘るときに折れたりしたものです。

スーパーではきれいな形のにんじんしか販売されていませんが、人参の2割ほどは成長途中で傷がつきます。
枝分かれしている人参は10kgの箱にきれいに収まらず、輸送に手間がかかります。
箱に収まりやすいように形を整えています。

また人参を機械で掘る山地もありますが、その時に先っぽや頭の部分が折れたり、巻き込まれたりすることもあります。その時に形を整える為にカットして出荷します。
大きな虫食いやえぐれなどがある場合もカットすることがあります。

Q. にんじんの色が薄いのは栄養が少ないような気がしますが

にんじんの色の違いはおもに品種によるものです。

栄養成分の含有量は、品種、産地、土壌、天候、生産方法などによって差が出ます。
にんじんの色はにんじんのカロテン(ビタミンA)の含有量によりますので、ビタミンAの含有量は差がある可能性もあります。

金時ニンジンと西洋人参(普通の人参)では下記のよう、に少しですが栄養成分に差が出ます。

「五訂増補 日本食品標準成分表」

含有量(100g当たり)… にんじん / きんとき

エネルギー ……………… 37 kcal / 44 kcal
水分 ……………………… 89.5 g / 87.3 g
たんぱく質 ……………… 0.6 g / 1.8 g
脂質 ……………………… 0.1 g / 0.2 g
炭水化物 ………………… 9.1 g / 9.6 g
灰分 ……………………… 0.7 g / 1.1 g

(ミネラル)
ナトリウム ……………… 24 mg / 11 mg
カリウム ………………… 280 mg / 540 mg
カルシウム ……………… 28 mg / 37 mg
マグネシウム …………… 10 mg / 11 mg
リン ……………………… 25 mg / 64 mg
鉄 ………………………… 0.2 mg / 0.4 mg
亜鉛 ……………………… 0.2 mg / 0.9 mg
銅 ………………………… 0.04 mg / 0.09 mg
マンガン ………………… 0.10 mg / 0.15 mg

(ビタミン)
レチノール ……………… 0 μg / 0 μg
α-カロテン …………… 2800 μg / 250 μg
β-カロテン …………… 7700 μg / 4800 μg
クリプトキサンチン …… 0 μg / 0 μg
β-カロテン当量 ……… 9100 μg / 5000 μg
レチノール当量 ………… 760 μg / 410 μg
ビタミンD ……………… 0 μg / 0 μg
α-トコフェロール …… 0.5 mg / 0.5 mg
β-トコフェロール …… Tr mg / 0 mg
γ-トコフェロール …… 0 mg / 0 mg
δ-トコフェロール …… 0 mg / 0 mg
ビタミンK ……………… 3 μg / 2 μg
ビタミンB1 …………… 0.05 mg / 0.07 mg
ビタミンB2 …………… 0.04 mg / 0.05 mg
ナイアシン ……………… 0.70 mg / 1.00 mg
ビタミンB6 …………… 0.11 mg / 0.12 mg
ビタミンB12 ………… 0 μg / 0 μg
葉酸 ……………………… 28 μg / 110 μg
パントテン酸 …………… 0.40 mg / 0.32 mg
ビタミンC ……………… 4 mg / 8 mg

(その他)
飽和脂肪酸 ……………… 0.01 g / 0.01 g
一価不飽和脂肪酸 ……… Tr g / Tr g
多価不飽和脂肪酸 ……… 0.03 g / 0.04 g
脂肪酸総量 ……………… 0.04 g / 0.05 g
水溶性食物繊維 ………… 0.7 g / 1.5 g
不溶性食物繊維 ………… 2.0 g / 2.4 g
食物繊維総量 …………… 2.7 g / 3.9 g

Q. 産地よってニンジンの味が違うのですか?

産地よってニンジンの味は違います。
ぜひ食べ比べてお気に入りの産地を見つけてください

にんじんの味を決めるのは様々な要因があります。
同じ産地・同じ気候の生産者さんでも味が違うこともあります。
私たちも常に複数のにんじんを飲み比べており、不思議に思っています。

みなさまにお届けする前に、私たちスタッフで味見をして「この味なら」と思える産地のものだけをお届けしています。

もしお口に合わないものがございましたらお申し出くださいませ。
そこの産地以外のもので手配させていただきます。
※産地のご指定はお受けできませんが、「この産地以外」でしたらお受けできます。

 

Q. 季節によってにんじんの味が違うのはなぜですか?

冬から春にかけては甘く、味が濃く、夏場はさらっとした飲み口になります。

夏は気温が高いため、人参の成長が早く、あっさりした味に仕上がります。一方冬の人参は気温が低く、日照時間が短い為ゆっくりじっくり大きくなります。味は濃厚で甘くておいしい人参になります。

また同じ春の人参でも冬に播種をして収穫した「冬人参」と春になって播種した「春人参」では味が違います。育つ温度、育つときの日照時間が大きく影響するようです。