有機野菜セットとオーガニック食材専門店。- 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ


新しい生活のスタートはおいしいお料理で

4月。桜の花とともに始まる新生活は
心がうきうきしますね。

華やかで、いろどりがきれいなお料理で
元気なスタートを切りましょう


  春野菜のてんぷら
  サクラダイのポアレ ごぼうソース添え
  豆腐のステーキ豆乳ソース
●  
黒米と雑穀のロールキャベツ

春野菜のてんぷら

てんぷらもサラダ感覚、春野菜たっぶりでいかがでしょう。
サラダ用のドレッシングでお召し上がり下さい。

材料

春ごぼう
にんじん(葉つきのもの)
えび

卵1個+冷水 ・・・ あわせて1カップ、
小麦粉 ・・・ 1カップ弱
片栗粉 ・・・ 大さじ1

その他:
 レタス、ベビーリーフ、
 ゆでたアスパラガスなど
 ドレッシング

作り方

ごぼうは5cmくらいの輪切りにして、酢水につけてあく抜きをする。
にんじんも5cmくらいの輪切り、にんじんの葉は茎をのこしてとる。
えびは背わたをとって、腹側に数箇所、包丁で切れ目を入れる。
てんぷらの衣を作る。
にんじんの葉は、少し高めの190度であげる。
えびは180度、にんじん、ごぼうは170度であげるとよい。
野菜を皿に盛り付け、更にてんぷらを上に盛り付ける。
好みでドレッシングをかけて、できあがり。

サクラダイのポアレ ごぼうソース添え

淡白なサクラダイを大目の油でカリっとポアレにして、薫り高いごぼうのソースを添えました。
上に添えた揚げたごぼうの味わいも楽しんでくださいね。

材料

サクラダイ ・・・ 4切れ
ごぼう ・・・ 1袋

固形スープのもと  2個


こしょう
小麦粉(全粒粉)
サラダ油 ・・・ 各適量

作り方

サクラダイに軽く塩・こしょうをして、キッチンペーパーの上に乗せ水気をしっかり切る。
ごぼう1/4袋は洗って泥を落とし、ささがきにしてからっと揚げ軽く塩を振る。
残りのごぼうを一口大に切りひたひたのお水で軟らかくなるまで煮る。
軟らかく煮えたら固形スープも一緒にミキサーなどでなめらかにする。ミキサーがない場合はすり鉢を使うか、最初からすりおろしてやわらかく煮てもいい。
サクラダイに全粒粉をまぶし、余分な粉をていねいにはたいて多い目の油でからっと焼き上げる。
お皿にごぼうソースを敷き、焼きあがったサクラダイを乗せ、その上に揚げたごぼうを飾る。

お豆腐のステーキ 豆乳ソース

お豆腐をきのこの旨みたっぷりの豆乳ソースでいただきます。
ヘルシーでおいしいです。

材料

木綿豆腐 ・・・ 1丁
ぶなしめじ ・・・ 1/2パック
まいたけ ・・・ 1/2パック
玉ねぎ ・・・ 1/2個
青梗菜 ・・・ 1株
青ねぎ ・・・ 2本
豆乳 ・・・ 100ml
小麦粉 ・・・ 大さじ3
 (50mlの水でだまのないように
 溶いておく)
鶏がらスープのもと ・・・ 大さじ1
塩・こしょう・小麦粉 ・・・ 適量
パプリカ ・・・ 適量

作り方

木綿豆腐を4等分し、キッチンペーパーでくるんで水気を切る。
ぶなシメジ・まいたけは軽く洗い一口大に切る。
青梗菜を色よく茹で食べやすい大きさに切っておく。
たまねぎをきのこ類の大きさに合わせてきり、なべに入れてサラダ油でていねいにいためる。
しんなりしたら水溶き小麦粉をいれ焦がさないようにていねいに炒め、とろみがついたら豆乳をいれ鶏がらスープ・塩・こしょうで味を調える。
お豆腐に小麦粉をていねいにまぶし、軽く塩コショウし、多い目のサラダ油でゆっくりと焼く。
青梗菜とお豆腐を皿に盛り、きのこソースをかけ上から青ねぎとパプリカを添える。

黒米と雑穀のロールキャベツ

黒米にはアントシアニンがたっぷり含まれています。
各種ビタミンたっぷりの雑穀も混ぜて、キャベツで包んでやわらかく仕上げました。
きりっと冷えたスパークリングワインをあわせてどうぞ。

材料

黒米 ・・・ 1カップ
雑穀 ・・・ 大さじ2
長いも ・・・ 5cmくらい
キャベツ ・・・ 大きいの8枚くらい
鶏挽肉 ・・・ 100g
塩 ・・・ 小さじ1

チキンスープの素 ・・・ 小さじ2

作り方

キャベツの皮を破らないように一枚づつはがし、やわらかくゆでる。
大きな葉っぱがない場合は小さいのを重ねて使えばOK。
お米を炊く。
赤米を洗って30分ほど水に浸し、1.2倍ほどの水をくわえ鍋でやわらかく炊く。
長いもは5mm角位のみじん切り。
鶏ひき肉にお塩をいれ粘りが出るまでよくかき混ぜ、冷ました黒米と長いもを入れてよく混ぜる。
ゆでたキャベツの水分をキッチンペーパーなどで丁寧に取り、8等分したタネをキャベツでくるむ。
巻き終わりを下にして、底の平らな鍋またはフライパンにキャベツを並べ、ひたひたの水とチキンスープの素を加えて弱火でじっくり煮込む。
キャベツに竹串がさっと通るようになったら出来上がり。
食べやすい大きさに切ってお皿に彩りよく盛り付ける。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年