ぶどうの木は有機野菜の専門店。全国契約農家のおいしい有機野菜を届けます。

新規会員登録ログイン買い物カゴ


秋の味をたっぷり

秋に出回るおいしいモノを使って料理を考えてみました。
梨のサラダやカキの酒蒸し、フグの空揚げ。
考えて作るのがとっても楽しい今月のレシピでした。
みなさまのご家庭の味にアレンジして作って下さいね。


秋の味の炊き合わせ
レンコンとマカロニの明太子あえ
梨と秋野菜のサラダ
フグとカキときのこのソテー

秋の味の炊き合わせ

サトイモ、栗、春菊。秋の味をゆっくり濃いめのだしで炊き合わせました。
春菊は最後に加えて色鮮やかに仕上げます。
生の栗が手に入らない時は水煮の栗でもおいしくできます。
その場合は春菊と一緒に最後に加えて下さいね。

材料

サトイモ ・・・ 400g
舞茸 ・・・ 1/2パック
栗 ・・・ 10粒くらい
春菊 ・・・ 1把

だし汁 ・・・ 2カップ
   (濃いめにとって下さい)
塩 ・・・ 小さじ2
しょう油 ・・・ 大さじ1
酒 ・・・ 大さじ1
サラダ油 ・・・ 適量

作り方

春菊を茹でて、5cm位に切りそろえる。
栗はていねいに皮をむく。
サトイモは皮をむいて栗と大きさをそろえて切る。よく洗って表面のぬめりを取る。
厚手の鍋にサラダ油を熱し、サトイモを焦げないようにゆっくり炒める。表面にうすく焦げ目が付いたらだし汁と調味料、舞茸を入れ、ことことと煮込む。
サトイモが柔らかくなったら栗を入れひと煮立ちさせて火を止める。
だし汁がひと肌くらいに冷めてから春菊を入れてさっと味をしみ込ませる。
きれいに盛り付ける。

梨と秋野菜のサラダ

あまくてジューシーな梨はサラダにしてもとってもおいしいです。
ぜひおためしください。おすすめです。
葉っぱはこのほかクレソンや春菊でもおいしくできます。
ぎんなんのほろにがさが梨の甘さとよく合っておいしいです。

材料

ミズナ ・・・ 1/2把
白菜(真ん中の黄色いところ)
  ・・・ 4枚くらい
梨 ・・・ 1/2個
ぎんなん ・・・ 4個

サラダオイル
バター
塩・こしょう ・・・ 適量

オリーブオイル ・・・ 大さじ1
塩 ・・・ 適量

作り方

白菜は白い軸の部分と黄色いぱっぱの部分を分けて千切りにする。
水菜は食べやすい大きさに切り、両方とも水に放してパリッとさせる。
梨は皮をむいて、白菜の大きさに合わせて千切りにする。
の菜っ葉の水気をよく切り、ボールに入れオリーブオイルをまぶす。手を使ってていねいになじませる。油が菜っ葉になじんだら塩を入れてまた手でなじませる
梨を入れて軽く混ぜ、器に盛り付ける。ぎんなんを添える。

レンコンとマカロニの明太子あえ

秋が旬のシャキシャキのレンコン。柔らかい食感のマカロニと一緒に明太子とあえました。
このままでは色合いがさみしいので、
ぎんなんとパセリ、パプリカパウダーを添えて華やかに仕上げました。

材料

レンコン ・・・ 300g
マカロニ ・・・ 20g
ぎんなん ・・・ 10粒くらい
パセリ ・・・ 一枝

マヨネーズ ・・・ 大さじ2
プレーンタイプのヨーグルト
  ・・・ 大さじ3
明太子 ・・・ 大さじ2

塩 ・・・ 味を見ながら適量
オリーブオイル ・・・ 適量
パプリカパウダー ・・・ 適量

作り方

レンコンの泥を落とした皮をむき、うす切りにしてさっとゆでる。ゆであがったら塩とオリーブオイルをまぶしておく。
マカロニをやわらかくゆでる。ゆであがったら1と同様軽く塩をしてオリーブオイルをまぶす。
マヨネーズとヨーグルト、オリーブオイル明太子をよく混ぜる。味を見て物足りないようなら塩を足す。
レンコンとマカロニと3をつぶれないように軽く混ぜ器に盛り、ぎんなんを添える。
パセリとパプリカパウダーを上からかけて仕上げる。

フグとカキときのこのソテー

フグもカキもこれからが旬。で始めるといよいよ冬が近づいてきたんだ、って思います。
この二つと秋が旬のきのこを合わせてみました。秋のごちそうです。

材料

ふぐ(唐揚げ用) ・・・ 4匹
カキ ・・・ 20粒ほど
きのこ 2〜3種類ほど
  ・・・ それぞれ100gくらいづつ
レモン ・・・ 1個

・フグの空揚げ
  小麦粉 ・・・ 適量
  揚げ油 ・・・ 適量

・かきの酒蒸し
  酒 ・・・ 大さじ2

・きのこのバター炒め
  バター ・・・ 大さじ1
  塩こしょう ・・・ 適量

作り方

フグの空揚げを作る。
フグの切り身にていねいに小麦粉をはたき、余分な粉を落とす。
中温の油でじっくりと中まで火を通し揚げる。
かきの酒蒸しを作る
かきをよく洗って耐熱容器に並べ、酒を振って電子レンジで加熱する。(500W で5分くらい)ラップをふんわり掛ける。
きのこを適当な大きさに切ってバターでいためる。
耐熱容器に を並べ、食べるときに温める。
レモンを添えてどうぞ。
  *手に入ればクレソンを最後に加えるとおいしいです。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年