有機野菜や野菜セットの宅配・通販 - 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ


春野菜のおいしさって格別。

春キャベツやさやえんどう、たけのこなどの
春野菜は、新しい季節を迎えたうれしさと
食べ物の美味しさを実感させてくれます。

新しい生活をスタートされるあなたに
野菜たっぷりのレシピでエールを送ります。


菜の花のからし和え
たこと春野菜のサラダ オレンジドレッシング
長ねぎとイカの中華風サラダ
水菜と豚しゃぶ梅ドレッシング

菜の花のからし和え

春にしか食べることができない野菜の代表格「菜の花」
出まわる期間は短いですが定番のからし和えでぜひどうぞ。

材料

菜の花 ・・・ 1束
だし汁 ・・・ 100ml
薄口しょうゆ ・・・ 大さじ2
みりん ・・・ 小さじ1
辛子 ・・・ 適量

作り方

菜の花の茎とつぼみと茎部分を約半分に切る。
たっぷりのお湯を沸かして、茎の部分を少し固めに茹でる。
ざるに広げて手早くさます。
同様に沸騰したお湯で花の部分を茹で手早くさます。
だし汁に薄口しょうゆ、みりんを入れ、辛子をよく溶かす。
軽く絞った菜の花を5に浸す。できれば3時間くらい置いておくとおいしく食べられます。時間がない時はそのままでもおいしく召し上がっていただけます。

たこと春野菜のサラダ オレンジドレッシング

旬の野菜、春キャベツ、さやえんどう、スナップえんどうを色鮮やかにゆでて、
旬のオレンジの香りがいっぱいのドレッシングであえました。

材料

ゆでたこ ・・・ 150g
春キャベツ ・・・ 4枚
たけのこ(水煮)
  小さめのもの・・・ 1/2個
さやえんどう ・・・ 50gくらい
スナップえんどう ・・・ 100gくらい

オレンジ ・・・ 大きめのもの1個
サラダ油 ・・・ 大さじ1
塩 ・・・ 小さじ2
ワインビネガー ・・・ 大さじ2

作り方

ゆでたこをうすく切って軽く茹で、ペーパータオルなどで軽く水気を切る。
キャベツは柔らかくゆで、芯を取り除いて大きめのざく切りにする。
タケノコはうすく切って薄口しょうゆを軽くまぶす。
さやえんどうは色よく茹でて半分に斜め切り、スナップえんどうも軽く茹でて半分にむき軽く塩を振っておく。
オレンジを1/8カット飾り用に残て果汁をしぼる。サラダオイルと塩、オレンジの搾り汁を加えてドレッシングを作る。味をみて酸味が足りないようだったら、ワインビネガーを足す。
皿に色よく盛り付け、飾りのオレンジを載せ、ドレッシングをかけていただく。

長ねぎとイカの中華風サラダ

太く、柔らかく甘いネギ。おいしいけれどなかなかメインになりにくい素材です。
でも淡白だけどうまみがたっぷりのイカと合わせて、しょうがのアクセントを利かせると
こんなおしゃれな料理に。ネギのおいしさをたっぷり味わって下さいね。

材料

長ねぎ ・・・ 2本
しょうが ・・・ 1かけ
いか(モンゴウイカのように身が
   厚いもの) ・・・ 200g
しょう油 ・・・ 大さじ2
酢 ・・・ 大さじ1
ごま油 ・・・ 小さじ1
七味唐辛子 ・・・ 適量

作り方

長ねぎの白い部分を5cm程度に長さをそろえて切る。軽く切れ目を入れ、白い部分・緑色の部分・芯の白い部分を別々にする。
芯の白い部分を広げ、できる限り細い千切りにする。緑色の部分も同様に千切りにし水に放してパリッとさせる。
しょうがは皮を割りばしの先などでこそげ落とし、千切りにする。
イカは切り開き外側の皮をむき、斜め格子に飾り包丁を入れてから3cm程度の短冊に切る。熱湯にさっとくぐらせて、ペーパータオルなどで水気を切っておく。
器にネギとしょうがといかを盛り付ける。
たれの材料を混ぜて好みで唐辛子を添えていただく。
※ 芯の白い部分は辛みが強いので、この料理では使いません。
お味噌汁などに使って下さいね。
※ 先っぽの緑色の部分は細かく刻んで少し水にさらして、色のアクセントとして使いました。お味噌と砂糖と一緒に煮て練り味噌を作ってもおいしく召し上がることができます。捨てないで使い回して下さいね。

水菜と豚しゃぶ梅ドレッシング

柔らかく茹でて脂を落とし豚肉とシャキシャキの水菜を、
酸味のきいた梅のドレッシングでさっぱりといただきます。梅干しって懐かしい味ですね。

材料

水菜 ・・・ 1/2把
豚肉しゃぶしゃぶ用 ・・・ 200g
梅干し 大きめのもの ・・・ 1個
ワインビネガー ・・・ 大さじ1
みりん ・・・ 大さじ1
しょう油 ・・・ 小さじ1
オリーブオイル ・・・ 大さじ1

作り方

梅干しの種を取り、実を細かく刻む。ワインビネガーとみりん、しょう油を合わせてこれを伸ばし、オリーブオイルを少しづつ入れてドレッシングを作る。
水菜は5cmほどの大きさに切り、水に放してパリッとさせる。
たっぷりのお湯を沸かし、火を弱めて豚肉を一枚ずつさっとゆでる。すぐに水にとって荒熱を取りペーパタオルで水気を切り冷蔵庫で冷やす。
お皿にお肉と水菜を盛り、ドレッシングをかけて召し上がり下さい。
※ 梅干しの大きさや塩分によって味が変わります。ドレッシングを作る際には味見をしながら調味料の量を加減して下さいね。
※ お肉を茹でるときに沸騰したお湯より少し低めの温度の方が柔らかく茹であがります。また冷やすのはお水がおすすめです。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年