有機野菜や野菜セットの宅配・通販 - 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ


桜のつぼみが膨らんできて、季節はもう春。

春が一番おいしい食材 ハマグリや菜の花を使って
季節を感じる料理を作りました。
体調を崩しやすい季節の変わり目ですが、
しっかり食べて
元気に毎日を過ごしましょうね。 。


菜の花ちらし
レンコン団子の明石焼き風
ハマグリのクラムチャウダー
菜の花とアサリのサラダ

菜の花ちらし

野菜だけのシンプルなチラシ寿司、すし酢にいよかん果汁を使って春らしさを強調しました。
葉の花のほろ苦さといよかんの香りがおいしいお寿司です。
煎り卵はごく弱火で。フライパンよりお鍋の方が上手にできます。

材料

お米 ・・・ 3合
しらす干し ・・・ 100g
卵 ・・・ 3個(砂糖大さじ1 塩小さじ1)
菜の花 ・・・ ひと束
木の芽 ・・・ 適量
レンコン ・・・ 2僂らい
(レンコンの下味用 白しょう油 大さじ1)

すし酢
・酢 ・・・ 90ml
・砂糖 ・・・ 大さじ2
・塩 ・・・ 小さじ2
・いよかんの果汁 ・・・ 50mlほど
 (いよかん半分くらい)

作り方

お米はていねいに洗って少し固めに炊き上げる。
卵を溶きほぐし、お砂糖と塩を加え弱火で細かい煎り卵を作る。
お米が炊き上がる間にすし酢を合わせておく。炊きあがって5分ほど蒸らしたらすし酢を加え、切るようにして混ぜ、うちわなどで冷ましてつやを出す。
レンコンをうすく切り、さっと酢を通し柔らかく茹でる。温かいうちに白しょう油につけて味をつける。
菜の花を茹で、冷水にとって色よくさまし、つぼみと茎の部分を分ける。茎は2僂らいに刻む。つぼみは飾り用に別にしておく。
すし飯が冷めたら菜の花の菊の部分を混ぜ、器に盛り付ける。菜の花のつぼみ、しらす干し、レンコン、煎り卵を彩りよく飾ってできあがり。

 レンコン団子の明石焼き風

まんまるでかわいいレンコン団子。白玉粉を入れて滑らかに仕上げたレンコン団子を
たっぷりのだしにつけて明石焼き風にいただきます。
なめらかな団子の中の中身と外側にまぶした全粒粉のザラっとした食感が楽しいです。

材料

レンコン ・・・ 300g
白玉粉 ・・・ 大さじ2
塩・白しょう油 ・・・ 小さじずつ
全粒粉 ・・・ 大さじ4
揚げ油 ・・・ 適量

だし ・・・ 100ml
酒 ・・・ 大さじ2
みりん ・・・ 大さじ1
塩 ・・・ 少々
しょう油 ・・・ 大さじ1
あさつき ・・・ 10僂らい(お好みで)
七味唐辛子 ・・・ お好みで

作り方

レンコンの皮をむき、2/3は目の細かいおろしがねですりおろし軽く水気を切る。
1/3は8mm角くらいに切ってゆでてお醤油で味をつける。
すりおろしたレンコンに白玉粉と塩・白しょう油をまぜ、角切りにしたレンコンを包んでお団子にし、全粒粉をむらなくまぶす。
だしの材料を全部混ぜて温かいだし汁を作る。アサツキはみじん切りにしておく。
レンコン団子を低温でゆっくり揚げ、だし汁の中を添えていただく。七味唐辛子やアサツキはお好みで。

ハマグリのクラムチャウダー

ハマグリは2月から5月が旬。
おいしさが詰まった旬のアサリを野菜と合わせてうまみたっぷりのスープにしました。
ハマグリの身はフライパンで焼いて別に添えてちょっとおしゃれに。
ハマグリの安定が悪い時はマッシュポテトを使ってみて下さいね。

材料

ハマグリ(殻付き 大きめのもの)
 ・・・ 6個
酒(または白ワイン) ・・・ 100ml
オリーブオイル ・・・ 適量
にんにく みじん切り ・・・ 1/2個
玉ねぎ 5mm角 ・・・ 1/2個
ベーコン 5mm角 ・・・ 5枚
しいたけ 5mm角 ・・・ 2枚
人参 5mm角 ・・・ 1/3本

水 ・・・ 200ml
牛乳 ・・・ 200ml
スープの素 ・・・ 1個
塩 ・・・ 適量

ミニトマト(飾り用) ・・・ 1個
イタリアンパセリ(飾り用) ・・・ 適量

作り方

ハマグリをきれいに洗って酒蒸しにする。口をあいたらすぐに取り出して身と殻を別々にする。
ハマグリの身に小麦粉をまぶし、オリーブオイルをひたフライパンで両面を色よく焼く。殻に戻して飾り用のイタリアンパセリとミニトマトを飾る。
みじん切りにしたニンニクをオリーブオイルで焦げないようにゆっくり炒め、香りが出てきたら他の野菜を入れゆっくり炒める。野菜が透き通ってきたらお水と1で残ったスープを入れて20分ほど煮込む。スープの素と塩を入れて牛乳を入れる。沸騰しないように火を弱め味を調える。
器にスープを注ぎ、ハマグリをまわりに添える。

菜の花とアサリのサラダ

柔らかく茹でた菜の花にアサリのうまみたっぷりのスープをかけておいしくいただきます。
どちらも春が旬のおいしい素材。
ほろ苦い春の味たっぷりの一品に少し手間をかけたセミドライトマトを合わせました。

材料

菜の花 ・・・ 1束
アサリ ・・・ 100g
酒 ・・・ 100ml
にんにく ・・・ 1/2個
オリーブオイル ・・・ 適量
セミドライトマト ・・・ 6個くらい

作り方

菜の花を茹でる。ゆであがったらざるなどの上に広げて色鮮やかに仕上げる。1本丸のまま使うので、根もとの太い部分に隠し包丁を入れて食べやすいように準備する。
ニンニクをみじん切りにし、低温でゆっくり炒めて香りが出てきたらアサリとお酒を入れて酒蒸しにする。
ゆでた菜の花を器に盛り、温かいアサリをスープごとかける。セミドライトマトを上に乗せる。
【*セミドライトマト】
ゆっくり加熱してトマトの水分を飛ばすことでトマトの甘みとうまみが凝縮されます。オリーブオイルにつけておくと保存がききますので一度に作って保存しておくと便利です。料理に使う時トマトの水分で水っぽくなることなくトマトの旨みだけを楽しめます。
ミニトマトを半分に切り、スプーンなどで中身をていねいに取り出す。
砂糖と塩を同量づつ混ぜたものをトマトの内部に振りかけ、100℃前後のオーブンで1時間ほど焼きます。
または一日くらい天日に当ててできあがり。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年