梅雨に入りましたね。
なんとなく食欲が落ちて
普段はバランスのいい食事を心がけている人でも、
好きなものばっかりに偏ってしまいがち。
これから来る夏のために
しっかり食べて夏を乗り切る体を作りましょう。
野菜たっぷりのおいしい料理たちです。


豚肉のおかずサラダ
蒸しなすのポン酢ゼリー
かつおとトマトのタルタル
野菜の豚バラ巻
ピリ辛そうめん

豚肉のおかずサラダ

今が旬の紫たまねぎ。辛味が少なく甘いので生で食べるのがおすすめです。
夏バテ防止作用がある豚肉と一緒にどうぞ。

材料

豚こま切れ肉 ・・・ 150g
きゅうり ・・・ 1本
赤玉ねぎ ・・・ 1/2個
しらがねぎ ・・・ 適量

【ソース】
レモン果汁 ・・・ 大さじ2
しょうがのみじん切り ・・・ 1片分
粗挽き唐辛子 ・・・ 小さじ1
砂糖 ・・・ 大さじ1/2
オイスターソース ・・・ 大さじ1
中華香酢 ・・・ 大さじ1
ごま油 ・・・ 大さじ1

作り方

豚肉は広げてゆで、ざるなどに広げてさまし、水気をしっかり抜く。
きゅうりは縦半分に切って斜め薄切りにする。赤玉ねぎは薄く切り、水にさらしておく。
お皿に2の野菜と肉を盛り合わせ、しらがねぎを散らし、ソースをかける。

蒸しなすのポン酢ゼリー

夏野菜の代表なすをあっさりポン酢で食べます。ポン酢をゼリーで固めました。
なすとからめて召し上がってください。

材料

なす ・・・ 4個
ゼラチン ・・・ 大さじ1
ポン酢 ・・・ 150cc

作り方

ゼラチンを同量の水で戻しておく。
なすはヘタを残して皮をむき、一個ずつラップに包んで、電子レンジで5分くらい加熱し、氷水にとってよく冷やし、水気を切る。(切れ目を入れておくと食べやすい。)
ポン酢を耐熱容器に入れ、電子レンジで30秒ほど加熱して温めて、ゼラチンを溶かす。容器ごと氷水につけ、冷やし固める。(または室温まで冷えたら冷蔵庫で冷やす)
フォークでのゼリーをくずして適量を器に敷き、なすを盛る。

かつおとトマトのタルタル

たたきで食べることが多いかつお。たまにはトマトとあわせておしゃれにどうぞ。

材料

かつお刺身用さく(背身) ・・・ 150g
玉ねぎ ・・・ 1/4個
塩 ・・・ 少々
トマト(皮を湯むきする) ・・・ 2個
塩 ・・・ 小さじ1/3
ウスターソース ・・・ 小さじ1
こしょう ・・・ 少々
オリーブ油 ・・・ 小さじ1
レモン ・・・ 適量
お好みでしょうがのみじん切り

作り方

カツオは細かくたたき刻む。
玉ねぎはみじん切りにして塩を振り、もみ洗いして水気を切る。トマトもみじん切りにする。
カツオにを混ぜる。
お皿に盛ってレモンを添える。お好みでしょうがのみじん切りを加えてください。

野菜の豚バラ巻

豚肉には夏バテを予防するビタミンBがたっぷり含まれています。野菜と一緒に食べてくださいね。

材料

豚バラ薄切り肉 ・・・ 200g
長ねぎ ・・・ 1本
にんじん ・・・ 1本
小麦粉 ・・・ 適量

【たれ】
水 ・・・ 1/3カップ
しょう油、酢 ・・・ 各大さじ3
砂糖 ・・・ 大さじ1
赤唐辛子の小口切り ・・・ 1本分

作り方

耐熱容器にたれの材料を混ぜ合わせる。ねぎは長さを3等分に切る。にんじんは縦に4等分し、固めにゆでておく。
ねぎの端に豚肉を巻きつけ、ねぎを回して豚肉を少しづつずらしながら、斜めにぐるぐると巻きつけて軽く塩こしょうして小麦粉をまぶす。にんじんも同様にする。
フライパンを中火で熱し、を並べ入れて2〜3分焼く。こんがりと焼き色がついたら裏返し、蓋をして火を弱め、4〜5分蒸し焼きにする。
豚バラ巻をのたれに加えてフライパンに残った脂も加え、5分ほど漬けて食べやすい長さに切る。お皿に盛り、たれを回しかける。

ピリ辛そうめん

緑鮮やかなにらは、疲労回復の働きをするビタミンB1を多く含み
からだを温める効果があります。夏バテ予防どうぞ。

材料

そうめん ・・・ 5束
にら ・・・ 1束
赤唐辛子 ・・・ 2〜3本
ごま油 ・・・ 大さじ2〜3
塩 ・・・ 少々
酢 ・・・ 適宜

作り方

にらは2cmの長さに切る。赤唐辛子は種を除く。
そうめんを固めにゆで、冷水でもみ洗いする。
フライパンにごま油を熱し、赤唐辛子を弱火でゆっくり炒める。塩で味を整え、にらを加えてさっと炒め合わせる。
お皿に盛り、好みで酢をかける。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年