有機野菜や野菜セットの宅配・通販 - 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ


 夜が涼しくなって、過ごしやすくなってきましたね。
 サトイモやサツマイモなどの秋野菜の
 収穫も始まります。
 手間が少なくても、野菜のおいしさを
 たっぷり味わうことができるレシピを考えました。
 野菜の甘さ、うまみを楽しんでくださいね。


キャベツたっぷりの水餃子
サトイモのから揚げ
ピーマンの生春巻き
野菜たっぷりのクリームパスタ

キャベツたっぷりの水餃子

にんにくをきかせてかりっと焼いた焼き餃子もおいしいですが、
野菜をたっぷり入れたむちむちの水餃子もとってもおいしいです。
具は冷凍保存もできるので時間があるときにたくさん作っておくのもおすすめです。

材料

ひき肉 ・・・ 100g
ねぎ ・・・ 1本
キャベツ ・・・ 中くらい半分
しょうが ・・・ 少々
餃子の皮 ・・・ 40枚

調味料
 ・みそ ・・・ 大さじ1強
 ・醤油 ・・・ 大さじ2
 ・鰹節削り ・・・ 3g
 ・ごま油 ・・・ 大さじ2
 ・サラダ油 ・・・ 大さじ2

作り方

キャベツをみじん切りにし、合わせて全体に塩を振ってからボウルにいれる。
10分ほどおいて水分を出し、手か、フキンに包んで絞るかして、水気を抜く。
ボウルにひき肉をいれ手でしっかりとこねる。力を込めて全体にねっとりとした粘りが出るまで混ぜていく。疲れるけどしっかりと粘りを出すまでこねる。
ここで手を抜くと仕上がりがボソボソして美味しくない。
粘りを出した豚肉に調味料を加え、さらにみじん切りにしたねぎ、ショウガを加えて全体をしっかりとこねる。
水分を絞ったキャベツを加えて、全体をムラなく混ぜ合わせる。
皮で具をくるむ。大きめのなべにたっぷりお湯を沸かし、出来上がった餃子をゆでる。
ゆで上がった餃子をお皿に並べ、ポン酢、ラー油をかける。お好みで白髪ねぎを添えてください。

 サトイモのから揚げ

ゆっくり加熱したさといもが甘くてとってもおいしいです。サトイモの新しい味発見!
簡単でおいしいおすすめの一品です。

材料

サトイモ ・・・ 4から6個
塩 ・・・ お好みで
揚げ油 ・・・ 適量

作り方

サトイモをきれいに洗う。外側のひげはできるだけきれいに落とす。皮はむかないほうがおいしいと思います。
サトイモを半分または1/4に切る。
小さめに切るとかりっとした仕上がりに、大きめに切るともっちりした仕上がりになります。
最初は弱火でふたをして低温で揚げる。
中まで火が通ったらふたを取り、油の温度を上げ表面がかりっとなるよう仕上げる。
お塩を添えて出来上がり。

ピーマンの生春巻き

ピーマンの緑とにんじんの赤が色鮮やかで食欲をそそります♪
具は鶏肉を使いましたがシーフードでもあるものでOK。サラダ感覚でたっぷりいただきましょう。
軽くいためてたくさん野菜を食べられるようにしましたが、
時間がないときは生のままでもおいしくいただけます。

材料

ライスペーパー ・・・ 8枚
ピーマン ・・・ 80g
にんじん ・・・ 1/2本
小松菜 ・・・ 1/2束
緑豆春雨 ・・・ 30g
鶏胸肉 ・・・ 50g

塩・こしょう ・・・ 適量
スィートチリペッパー ・・・ 適量

作り方

鶏胸肉は軽く塩コショウして、電子レンジで加熱し細く裂く。
春雨はぬるま湯にいれ軽く戻す。
にんじん、ピーマン、小松菜は7cmくらいの千切りにし軽くいためる。野菜がしんなりしたら の鶏肉をいれ、塩・こしょうで味を調える。春雨を混ぜて冷ましておく。
ライスペーパーを1枚づつていねいに戻し、くっつかないように1枚ごとラップをはさんでおく。
(1枚ごとぬるま湯に入れるか、霧吹きで湿らすときれいに戻すことができます)
ライスペーパーをラップに乗せたまま、まな板などの上にひろげてのせ、野菜を包む。
はしをしっかりくっつけ、しばらくおいて休ませた後包丁で切る。
スィートチリペッパーやポン酢などお好みの調味料で召し上がってください。

 野菜たっぷりのクリームパスタ

彩りきれいな野菜をたっぷり入れた野菜スープでパスタを絡めます。
高カロリーの生クリームじゃなく牛乳でカロリーダウンしました。野菜をあっさりたくさん食べられます。
野菜のうまみがしみこむように生パスタ フェットチーネを使いましたが、手に入らないときは乾麺でOKです。

材料

小松菜 ・・・ 1把
にんじん ・・・ 1本
たまねぎ ・・・ 1個
長ネギ ・・・ 1本
生パスタ フェットチーネ ・・・ 4人分
牛乳 ・・・ 2カップ
固形スープのもと ・・・ 2個
塩・こしょう ・・・ 適量
オリーブオイル ・・・ 適量

作り方

にんじん、たまねぎ、小松菜など野菜は大きさをそろえて切る。
なべに水2カップをいれたまねぎ、にんじんなど火が通りにくいものから加熱していく。たまねぎとにんじんが柔らかくなって甘みが出てきたら小松菜をいれさっと火を通す。
固形スープのもとをいれ、牛乳をいれ塩コショウで味を調える。牛乳を入れてから加熱の時間が長いと、牛乳が分離してしまう。麺が茹で上がるまで火を止めておく。
たっぷりお湯を沸かし麺をゆでる。茹で上がったらオリーブオイルを絡めお皿に乗せる。野菜スープを麺の上から盛り付けて出来上がり。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年