有機野菜や野菜セットの宅配・通販 - 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

 一年でいちばん寒い1月。
 おうちで温かいものを食べて
 ほっと一息つきましょう。
 ことこと煮込んでいれば、
 時間がおいしさを作ってくれます。
 大根とたまねぎのおいしさが伝わる料理です。

オニオン・麩・グラタン
春菊のサラダ
キャベツのコールスロー(ゴマ風味)
大根のスープ煮

 オニオン・麩・グラタン

あめ色の甘いたまねぎがおいしいスープ。体が心から温まります。
フランスパンとチーズをのせて焼くのが一般的ですが、麩を入れて体に優しく仕上げました。

材料

(2人分)
たまねぎ ・・・ 3個
コンソメ ・・・ 1個
くるま麩 ・・・ 2個

作り方

玉ねぎを薄くスライスします。
繊維に沿って切ると出来上がりが滑らかに、繊維に垂直に切ると出来上がった時にたまねぎの食感が残ります。
お好みでどうぞ。
厚手の鍋に入れて炒めます。
最初はふたをして弱火で蒸し煮します。
たまねぎから水分が出てやわらかくなったら、
ふたを取って水分を飛ばしながら炒めます。
焦げないようにかき混ぜながら、かさが3分の1くらいになって茶色くなるまで炒めます。30分以上かかりますので、他の料理をつくりながらのんびりと炒めてください。
鍋肌にこびりついたたまねぎをこそげ落としながら水を加えます。コンソメやチキンスープのもとなどで味を調えます。
耐熱容器に1人分のスープをいれ、水で戻した麩を入れてトースターや魚焼きグリルで暖めて出来上がり。
とろけるチーズをのせるとボリュームがアップします。

春菊のサラダ

春菊がもりもり食べられるサラダです。お鍋の春菊もおいしいけれど、サラダで食べる春菊もおいしい!
ぜひ食べてみてくださいね。ビタミンCたっぷり。

材料

(2人分)
春菊 ・・・ 1把
松の実 ・・・ 100g
ベーコン ・・・ 30g(お好みで)
ポン酢 ・・・ 少々

作り方

春菊を洗って、じくの部分は細かく、
葉っぱの部分は大きめに切る。
松の実を軽くいためる。
水気を切った春菊と松の実を軽く混ぜ、ポン酢を絡ませる。
ベーコンを細かく刻み、弱火でじっくりと脂が出てカリカリになるまでいためる。熱いベーコンを春菊の上からじゃっとまわしかけて、ベーコンの風味を春菊に移して出来上がり。

キャベツのコールスロー(ゴマ風味)

おいしいキャベツを山盛り食べたくてドレッシングの配合をいろいろ変えて挑戦しました。
お砂糖を入れるとおいしくなることを発見。そして大好きな練乳で作ったらもっとおいしくなることも発見。
作りたてより味がなじんだ1日後のほうがおいしいので、いっぱい作ってくださいね。

材料

キャベツ ・・・ 中1/2個
玉ねぎ ・・・ 1/2個
にんじん ・・・ 1本

塩 ・・・ 小さじ1
コンデンスミルク ・・・ 大さじ1
酢 ・・・ 大さじ1
  ※できればりんご酢または
  ワインビネガーを使ってください。
マヨネーズ ・・・ 大さじ3
練りゴマ ・・・ 大さじ2

作り方

キャベツは千切り、人参も大きさをそろえて千切りにし、たまねぎは薄切り。
野菜に塩小さじ1くらいを混ぜて1時間ほど置いておく。
野菜の上にお皿を1枚、重りの代わりに乗せます。
キャベツたちを水にさらして独特のえぐみをとり、
ぎゅーっと絞って水気をとっておきます。
調味料を全て合わせ、キャベツに混ぜ味をしみこませます。
1時間ほど置いたら出来上がり。
お塩はお好みで加減してください。

大根のスープ煮

大根を2日間ことこと煮ます。時間がかかるけれど大根のおいしさ・甘さがおいしい大好きな料理です。
煮る時に大根に極力触れないのがきれいに作るコツです。おいしいスープを飲み干してくださいね。
もったいないですが、皮は厚めにむいてください。きんぴらや即席漬けにして食べてくださいね。

材料

(2人分)
大根 ・・・ 1/2本
ささみ ・・・ 2本
卵白 ・・・ 1個分
青ねぎ ・・・ 2本
キムチ ・・・ 30g
  (ない場合はキムチのモトでOK)
チキンスープのもと

作り方

ささみを包丁で細かく刻む。面倒な時は鶏ひき肉でOK。
卵白を軽くあわ立て、刻んだささみをまぶす。
中華なべにごま油大さじ1を熱して、
ささみを焦がさないように炒めてさらに取り出しておく。
大根の皮を厚めにむき、大きめのそぎきりにする。
ひたひたになるくらいのお水をいれ、
いためたささみを加えて大根が柔らかくなるまで煮る。
やわらかくなったらチキンスープのもと
大さじ1を入れて一晩置いておく。
大根に味がしっかりついたら、
キムチをいれもう一度温めて味をしみこませる。
仕上がりに青ねぎを加えて出来上がり。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年