有機野菜や野菜セットの宅配・通販 - 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

〜ひと手間かけてさらにおいしく〜

夜は長くなり、肌寒く、
温かい料理が恋しい季節になってきましたね。
今月はちょっと時間をかけて
力のいれどころを抑えて
いつもの煮ものをグレードアップしてみませんか。
心をこめて時間をかけて作った料理を囲んで
秋の夜長を楽しみましょう。

サツマイモと豚肉の炒め物
根菜のリゾット
小松菜の塩いため
里芋の野菜あんかけ

サツマイモと豚肉の炒め物

サツマイモと豚肉?と思われるでしょうが、
強めに下味をつけた豚肉とサツマイモの甘みがとっても良くマッチします。
メインのおかずに使いにくいサツマイモですが、こんなふうにお肉ともあわせてみてくださいね。

材料

サツマイモ ・・・ 200g
  (中くらいのもの1本)
豚こま肉 ・・・ 100g
お酒・塩・コショウ・片栗粉・ごま油
  各少々(豚肉下味用)

ねぎ ・・・ 1本の半分
ピーマン ・・・ 1個
サラダ油 ・・・ 小さじ1
酒・醤油 ・・・ 各小さじ2
豆板醤 ・・・ 小さじ1(辛いのがお好きな方は増やしてくださいね)

作り方

サツマイモは皮を丁寧に洗い、皮をつけたまま1cm程度の拍子切りにする。電子レンジで2分ほど加熱して柔らかくする。
豚肉はひと口大に切り、塩・コショウ・日本酒ですこしきつめの下味をつける。ごま油をからめ、片栗粉をまぶしておく。
ねぎは大きめの小口きり、ピーマンは一口大に切っておく。
中華なべにごま油をいれ、ねぎと豆板醤を焦がさないように香りを出しながら炒める。(おいしさのための大切なポイント)
お肉をいれ、ほぐしながら炒め、色が変わったらピーマンとサツマイモを入れる。全体的に火が通ったら、お酒と醤油を入れて味を調える。

根菜のリゾット

根菜を一度バターでいためてから煮込みます。
お米からでる自然のとろみが野菜を優しく包み、体が温まります。
バターでいためるひと手間をかけることで野菜の甘みが増して
とってもおいしく出来上がります。急ぐ時は炒めなくても大丈夫です。

材料

大根 ・・・ 5cm
ごぼう ・・・ 1/2本
サツマイモ ・・・ 1/2本
人参 ・・・ 1/2本
サトイモ ・・・ 2個
米 ・・・ 1カップ

バター ・・・ 大さじ2
鶏がらスープのもと ・・・ 大さじ2
塩・コショウ ・・・ 適量

作り方

米をきれいに洗い、ざるにあげて水気を切っておく。
大根・ごぼう・人参・サトイモは大きさをそろえて小さめの乱切りにする。
なべを中火で熱し、バターを入れ溶かし、野菜を丁寧にいためる。
全体に油がなじんだらお米を入れ少しだけいためる。
米が透き通ったら、水2カップを加え、スープのもと塩を加えてことことと煮込む。
途中混ぜるとリゾット風のこってりした感じに、柔らかくなるまで混ぜずに置いておくとおかゆ風のさらっとした仕上がりになる。 お米がやわらかくなったら出来上がり。
  ★今回はお米の中に古代米を入れて炊きました。
雑穀ミックスを入れて炊いてもおいしいですよ。

小松菜の塩いため

あくが少ない小松菜はそのまま炒めて食べることが多いですが、
湯通ししてから炒めるとおいしさが格別にちがうんです。
時間のあるときにぜひ一度試してみてください。

材料

小松菜 ・・・ 1把
にんにく・しょうが ・・・ 各ひとかけ
酒 ・・・ 大さじ1
塩 ・・・ 小さじ1/2
水溶き片栗粉 ・・・ 少々

作り方

小松菜はきれいに洗い、葉と茎に分ける。
なべに湯を沸かし、油と塩少々をいれ茎と葉を別々にゆで、ざるに上げて水気を切っておく。
ニンニク・ショウガは繊維を絶つように薄切りにし低温の油で焦げないようにゆっくり炒めて香りを出す。
小松菜をいれて炒め、塩・お酒で味付けをし、水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がり。

 里芋の野菜あんかけ

さといものねばりには栄養もたくさんありますが、今回はきれいに洗ってぬめりを落とします。
薄味で煮た里芋の上に干ししいたけのおいしさいっぱいの「あん」をかけていただきます。
あんはさめにくい効果もあるので、これからにぴったりですね。

材料

里芋 ・・・ 1袋(400g)
人参 ・・・ 1本
インゲン ・・・ 1袋
干ししいたけ ・・・ 4枚

[ 里芋含め煮用 ]
だし汁 ・・・ 2カップ
うすくち醤油 ・・・ 大さじ2
塩 ・・・ 小さじ1/2
お酒・みりん ・・・ 各小さじ1

[ あん用 ]
干ししいたけの戻し汁
 (だし汁と合わせて) ・・・ 1カップ
醤油 ・・・ 大さじ2
みりん・酒 ・・・ 各小さじ1
片栗粉 ・・・ 大さじ1

作り方

干ししいたけを戻し、1枚を4つ程度のそぎ切りにする。
(戻し汁は捨てないでくださいね)
里芋は皮をむき、2つに切りよく洗ってぬめりを取る。
人参とインゲンは食べよい大きさに切る。
(飾り切りをするとおいしそう!)
だし汁中に里芋を入れ、落し蓋をして静かに煮含める。
里芋が柔らかくなったらうすくち醤油・塩・酒を入れ、味を含ませる。
別の鍋に干ししいたけの戻し汁とだし汁、あわせて1カップを入れ、醤油大さじ2、みりん・酒各小匙1で人参と椎茸を煮る。人参が煮えたら水溶き片栗粉でとろみをつけ、煮ておいた里芋にきれいにかけて出来上がり。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年