有機野菜や野菜セットの宅配・通販 - 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

 春ですね。桜の花が咲き始めました。
 冬の体から春の体に変わるときです。
 季節の野菜をたくさん食べて
 体を目覚めさせましょう。

人参とひじきの白和え
ほうれん草と長いものスープ
お豆腐と根菜の治部煮風
レシピ提供&撮影:キッチンひめ

人参とひじきの白和え

見た目よりも食べ応えのある、美味しい白和えです。
お豆腐の大豆たんぱく質と、胡麻の豊富なミネラルとセサミンなど、栄養も豊富。
特にセサミンは抗酸化作用にすぐれ、肝臓やアレルギーに効果があるといわれています。
絹さやなど青みを入れてもきれいですね。

材料

材料(約4人分)

にんじん 1本
ひじき 適宜
木綿豆腐 1/2丁

[ 調味料 ]
塩 小さじ1/2
砂糖・みりん 各大さじ1
薄口醤油 大さじ1/2
練り胡麻 大さじ1/2
炒り胡麻 大さじ3

作り方

木綿豆腐は沸騰したお湯で5分ほど茹で、
ザルにあげて自然に水切りする。
ひじきは水で5分ほど茹で、3センチ長さに切る。
人参も同じ長さの千切りする。
沸騰したお湯にお塩を加え、ひじきと人参をさっと茹でる。
すり鉢で、炒り胡麻(大さじ3)をする。
はんずりになったら、砂糖・みりん(各大さじ1)、薄口醤油(大さじ1/2)、練り胡麻(大さじ1/2)、塩(小さじ1/2)を加える。
の水切りしたお豆腐を加え、なめらかになるまでする。
のひじきと人参を加え、全体を混ぜる。

ほうれん草と長いものスープ

長いもでとろみをつけるので、ふつうのポタージュスープよりも、軽やかであっさりした味です。
お好みで、粉チーズをふったり、クラッカーやパンを添えると、よりボリュームが出ます。
ほうれん草と長いものパワーで疲労回復、元気に春を過ごしましょう。

材料

材料(約3〜4人分)

ほうれん草 1把
長いも 100g
玉ねぎ 1個
長ねぎ 1本

牛乳 1/2〜1カップ
バター 大さじ1〜2
チキンスープ

作り方

ほうれん草は茹でて、水気をしぼり、ざく切りする。
長いもは皮をむき、ざく切りにして、酢水にさらしておく。
玉ねぎと長ねぎはそれぞれざく切りし、
バター(大さじ1〜2)で炒める。
炒めるお鍋でそのままスープを作るので、
深さのある大きいお鍋を使いましょう。
長いもとほうれん草を加えて炒め、
全体がかぶる程度にチキンスープを加え、
野菜が柔らかくなるまで煮る。
ハンディミキサー(またはミキサーなど)で
なめらかになるまで撹拌する。
牛乳(1/2〜1カップ)加え、弱火で混ぜながら温める。
味見をし、塩コショウで味をととのえてできあがり。

 お豆腐と根菜の治部煮風

お肉が入りませんが、コクと旨みのある食べ応えがある煮物です。
素揚げしたお野菜と、水切りしたお豆腐に、味がよく絡みます。
白だしは、七福の「四季の恵」がオススメ。
無ければ、お出汁に薄口醤油+みりんなどで代用してください。

材料

木綿豆腐
根菜
 ごぼう
 にんじん
 さといも など
いんげん または 絹さや

[ 調味料 ]

みりん
白だし
砂糖
薄口醤油

作り方

木綿豆腐はキッチンペーパーに包んで
お皿にのせ(ラップはしない)、
電子レンジで約5分、加熱する。
野菜は食べやすい大きさに揃え、素揚げする。
の野菜と2)のお豆腐をお鍋に入れ、
ひたひた程度に水を加える。
お酒:みりん:白だしを、1:1:2の割合で加え、
落し蓋をして汁気が半分になるまで煮詰める。
大さじ1を基準にして、味が足りないときは、
上記の割合で加える。
味見をし、お砂糖と薄口醤油少々で味を調える。
水溶き片栗粉でとろみをつけて、できあがり。

バックナンバー

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年