有機野菜や野菜セットの宅配・通販 - 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

[特別栽培]雪室完熟 グレープフルーツ(1Kg)

産地や時期によって、大きさ、色などが画像と異なる場合がございます。

貴重な国産グレープフルーツ。特別栽培です。

特別栽培 熊本県産 雪室完熟グレープフルーツ

1、安心安全の国産
国産・特別栽培のグレープフルーツです。
鮮度もよく、安心してお召し上がりいただけます。
ジューシーでフレッシュなです。

2、国産グレープフルーツはおいしい
グレープフルーツは99.9%が輸入品。
国産と外国産との大きな違いは、長期間の輸送がないこと。

3、ワックス・防腐処理をしていません
輸送中に傷まないように、ワックスをかけたり防腐処理をする必要がありません。
だから安心してお召し上がりいただけます。

4、新潟県の雪室で貯蔵
収穫後、新潟県の雪室で貯蔵しています。
湿度が高く新鮮な状態で保管しています。

だからおいしくて安全です。

皮まで食べられます。

ぶどうの木のグレープフルーツは無化学農薬栽培。
だから、グレープフルーツマーマレード、ピール、ゼリー、グレープフルーツケーキ・など、皮を利用したいろいろなデザートやお菓子にご利用いただけます。

皮は生のままでもほとんど苦味がありません。
スライスでサラダに入れて、香りや色合いを楽しんだりしていただけます。

皮に傷があります。大きさにばらつきがあります。

皮の表面に傷・ヒキツレ・色むらなどがみられる場合がございます。
化学合成農薬を使用せずに育った証しです。どうぞご了承くださいませ。

1玉ごとの大きさに差があります。400g〜600gの間でばらつきがあります。
こちらも合わせてご了承ください。

[特別栽培]雪室貯蔵 グレープフルーツ

雪むろってなに?

断熱材を使用して建てられた貯蔵庫に、雪を大量に貯蔵して低温・高湿度を作り出す、昔ながらの貯蔵庫です。

雪むろの中は、温度が0〜5℃・湿度が90%前後と野菜の保存に適しており、穫れたての鮮度を保ったまま保存できるんです。

また、低温で保存するため穀物などは凍らないよう自ら糖分を高め、保存中にどんどんおいしくなっていく、とっても優秀な貯蔵庫なんです。

雪むろの中は?

雪むろのなかはこんな感じ。
写真左側が人参、右側がレモン。
奥の壁の中には雪がたくさん貯蔵されています。 (左下に拡大しましたが見えますか?)

コンテナで保存されているので通気性もよく、低温を維持することができます。

雪むろの中には、100トンもの農産物が保存されているそうです。






このようなかたちで貯蔵されています
一個づつ鮮度保持袋に個包装されていて、大切に保存されています。

皆様のお手元に届くまで新鮮な状態で保存できますよう、生産者さんとぶどうの木で手を取り合って行います。



雪むろ貯蔵グレープフルーツは、おいしいの?
雪むろグレープフルーツは、今年の1月から雪むろに入れて熟成させています。

また、雪むろの特徴である低温・高湿の影響で採れたてのみずみずしさを保ったままおいしくなります。
例年、グレープフルーツがなくなる時期にも一年を通しておいしくて安全なものをお届けできるように準備いたしました。

是非ご賞味ください。


野菜ソムリエ 高橋好文談
国産グレープフルーツ 右田さん
熊本県 右田さん
 
家族4人と従業員1人の計5人で8ha以上もの広大な畑を、除草剤も使わずに管理しています。
低迷するみかん経営に苦心している農家にとって何か希望となる品種は無いものかと父が考えたものが 国産ではめずらしいグレープフルーツでした。温暖化傾向の昨今、日本のみかん産地でもグレープフルーツ の栽培が可能なのではと思ったのです。しかし、植えてすぐに大寒波に遭い、木がいくつも枯れたり、寒波の 被害で果実に甚大な被害を受けたりと苦心しておりますが、今年はどうにか収穫までこぎつけました。 どうぞグレープフルーツ独特の酸味や芳香をお楽しみ下さい。
 

生産者

右田 忠利

生産地

熊本県

農薬等

特別栽培

お届け

3〜5日

配 送

夏季のみ冷蔵便  ⇒ 送料について

[特別栽培]雪室完熟グレープフルーツ(1Kg)

850円 (税込) 送料別

買い物カゴに入れる

お手元に届いたら袋から出して冷暗所で保管してください。防かび剤を使用していないので、お早目にお召し上がりくださいね。

 
 
 

外国産かんきつ類のポストハーベストについて

外国産のグレープフルーツなど輸入されたかんきつ類には、OPP・TBZ(防カビ剤・防腐剤)等の処理がされています。
ポストハーベストと呼ばれる収穫後に散布される農薬です。
また3カ月にも渡る輸送保管を目的にワックス処理が行われています。

日本では収穫後の農薬散布は禁止されています。そしてアメリカでも禁止されています。
ただし、日本に輸出するときには許可されています。
ポストハーベストで使用される農薬の多くは、日本では農薬としての使用が禁止されています。
輸入農産物に限り「食品添加物」として使用が許可されているのが現状です。

輸入柑橘類に使われている、これらの農薬は非常に分解されにくいのが特徴です。
試しに市販の輸入かんきつを数か月保管してみてください。収穫後何ヶ月経ってもカビが生えてきません。 もちろん農薬の安全性は確認され、残留濃度もきちんと調べられています。
しかし、収穫後何か月間もかかって私たちの食卓にやってくる果物が私たちに本当に必要なのでしょうか。安心して食べられる、新鮮な国産のフルーツを食べましょう。