大人のスポーツ栄養学

2015年12月

ウイルスが体内に侵入すると

年をとるにつれて基礎代謝が低下し、太りやすくなります。
しかし体を思い通りに動かすためには、 無駄な体脂肪を減らすことが必要です。 そのためには、まずエネルギーを とりすぎないこと。 ただし、食事を抜くのではなく、 食事の全量を減らしても必要な栄養素が 不足しないように配慮します。 食事の回数はいつものまま、 それぞれの食事内容から脂質をなるべく減らし、 その代わりに代謝を助けるビタミン、ミネラルや 食物繊維が豊富な野菜類を多めにとるようにします。

 

 

風邪薬はウイルスをやっつけられない

実はお医者さんが処方する風邪薬では、原因であるウイルスを
やつけることが出来ません。かぜの症状を軽くするためのもの
でしかないのです。


結局、ウイルスを退治するのは自分の免疫力なのです。
 

風邪をひいてしまったら

弱った身体を安静にして、体力を保ちましょう。

その上で、身体を温める食材、消化の良い食材を摂りましょう。
粘膜を強くするビタミンCが豊富な食材などを積極的に摂取し、
ウイルスへの抵抗力をつけましょう。


回復してきたらビタミンBを含む食材で体力をアップ。
脱水症状を防ぐため、充分な水分補給もお忘れなく。




★身体を温める食材
・長ねぎ・・・硫化アリルに強力な殺菌作用
・しょうが・・ショウガオールで血行促進
・にんにく・・免疫力を高めて血行促進


★ビタミンCたっぷり食材
・白菜・・・弱った胃にやさしい食感
・レモン・・風邪の予防に効果を発揮
・オレンジ・みかん・・甘みがあるのでそのままでも
・グレープフルーツ・・・みずみずしい果汁が風邪に効く
・キウイフルーツ・・風邪の予防や疲労回復に!


★身体を冷やす・熱をとる食材
・トマト・・・免疫力や粘膜を強化!
・きゅうり・・水分豊富で体を冷やす
 

 

おすすめレシピ    作ってみよう! しっかりしたカラダを作るレシピ
  フライパンひとつでつくる朝食   ベーコンと卵の簡単ココット
秋刀魚の梅しそロール   たっぷり秋野菜と豚肉   エスニック肉味噌と白菜
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら


 

健康コラムの目次に戻る