ぶどうの木は有機野菜の専門店。全国契約農家のおいしい有機野菜を届けます。

新規会員登録ログイン買い物カゴ

 元気に夏を楽しもう!

2015年7月

こまめな水分補給を心がけ、しっかり食べることで
 夏を楽しく過ごすことができます。

 まぶしいお日様の夏。思いっきり楽しみましょう。

 

のどか乾いたと感じる前に、少しづつ、こまめに水分補給を。


夏場は汗とともに水分が失われていきます。


汗には塩分(ナトリウム)も含まれているので、水を飲むだけでは発汗による脱水症状を改善することはできません。水分補給をするときには経口保水液や、水と一緒に塩タブレットのような塩分を含んだものを摂るようにしましょう。

1時間おきにコップ一杯程度を目安に飲むのがポイント。一度にたくさん飲むと吸収が悪く、胃にたまりやすいので食欲不振の原因になることがあります。

そして、「のどが渇いた」と感じる前に飲みましょう。

 


睡眠中も水分は失われています。(夏場は通常の2倍の水分を消費すると言われています)。枕元にペットボトルなどを置いて、夜中に目がさめたときや、朝起きたときに水分補給を心がけましょう。
 

決まった時間に内容がある食事を食べましょう。


夏ばてしない体つくりで大切なのは、3食決まった時間に食事をすることです。厚くなると肉や魚をさけ、手軽のでのど越しがいい麺類などに手を伸ばしてしまいがちですが、それでは栄養が糖質に偏ってしまいます。

主食、主菜、副菜を添えて食べるようにすると、糖質やビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素をバランスよく体に取り込むことができます。


タンパク質は血液や体を作り、疲労回復に効果があるので、意識的にとるように心がけましょう。夏場に毎日、肉や魚を食べるのが辛い時は、タンパク質と糖質を手軽に採れる牛乳がおすすめです。


また食物繊維やミネラルを多く含む野菜や果物も体調を整えるには欠かせない食材です。
 

冷えたものより常温の飲みものを、アルコールは控えめに


冷たいものがのどを通る気持ちよさと、一時的に体温が下がるので、冷えた飲み物に手を伸ばしてしまいがちです。

しかし、冷たいものを取りすぎると内臓に負担がかかり、食欲の減退につながります。食べ物を口にしないと体力が落ちるなど悪い循環に陥ります。熱くても氷を入れずに、常温にした飲み物を取るように心がけましょう。


またアルコールやカフェインの入った飲料には利尿作用があります。特にアルコールは飲んだ量の4倍くらいの水分摂取が必要と言われるくらい利尿作用が高い飲み物。
寝ている間に脱水状態になる恐れがあるので、夜遅くまでお酒を飲んだ時には大目に水を飲んでから寝るようにしましょう。



 

おすすめレシピ    夏バテにおすすめ 簡単で栄養たっぷりの料理。
トマトの冷たいパスタ   モロハイヤと納豆の蕎麦   ベーコンと卵の簡単ココット
トマトの冷たいパスタ   モロヘイヤと納豆の蕎麦   ゴーヤとトマトのサラダ
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら


 

健康コラムの目次に戻る

▼夏バテ防止のレシピで使った野菜はこちら ▼

 

[有機栽培] 青ねぎ (100g)

280円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] きゅうり(2〜3本)

350円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] トマト(300g)

598円(税込)

購入数/

 

[有機栽培]玉ねぎ (500g)

350円(税込)

購入数/

NEW

[有機栽培]モロヘイヤ(100g)

330円(税込)

購入数/

 

[有機栽培]大葉(10枚)

260円(税込)

購入数/

 

有機野菜 Lセット

4,320円(税込)

購入数/