ぶどうの木は有機野菜の専門店。全国契約農家のおいしい有機野菜を届けます。

新規会員登録ログイン買い物カゴ

 朝ごはん、しっかり食べましょう

2015年6月

朝食をとるのととらないのでは大違い。

 簡単なものでかまいません。まずは朝ごはんを食べましょう。

どうして朝ごはんが必要なのでしょうか 


脳の栄養は貯蔵が効きません。


脳は体のあらゆる機能の司令塔。 そのエネルギー源は定期的に補給する必要があるので、脳をフル稼働させるためには一日3回の食事をとることが大切なのです。

特に朝からお昼にかけてが脳の働きのベストタイム。だから脳は朝ごはんを心待ちにしています。

 

グルコースは体の中にも蓄えられていますが、その量はせいぜい半日分。そのため食事から定期的にとることが必要になってきます。

グルコースの供給源となるのはおもに炭水化物です。炭水化物を多く含むのはご飯やパン、麺類などの「主食」と呼ばれる食物に多く含まれます。
食べたものはおよそ4時間程度で消化吸収されるので、それ以上の間隔があきやすい夕食から翌日の朝食の間に、体のグルコース量が足りなくなりことがあります。

つまり、朝ごはんを抜くと脳の「栄養不足」が長く続くことになり、体への負担が大きくなるのです。また脳は午前中が最も活動しやすいリズムを持っているので、朝ごはんをとることで脳が効率よく働き、学習や仕事に能力を発揮できるようになります。朝から元気に活動できますね!
 

しっかり食べてOK!


朝ごはんをとると太るのでは?という心配があるかもしれませんが、標準的な一人前であれば心配無用!むしろ食べることで免疫力が上がり、腸を刺激してお通じを促すなど健康増進に役立ちます。
また朝ごはんをきちんと食べると満足感が得られるので、昼や夜の食べすぎも防げます。

 

脳の栄養には栄養バランスが大事


忙しい朝は、どうしても同じメニューに偏りがちではありませんか?
脳を動かすためにはさまざまな栄養素が必要で、いずれも過不足のないことが大切です。脳のエネルギーがなくならないうちに炭水化物を3度の食事で定期的に補給しましょう。同時にたんぱく質や脂質、ビタミンやミネラルなども充分にとれるように、主食に主菜や副菜を組み合わせていきましょう。


 

おすすめレシピ    作ってみよう! 簡単 お手軽 栄養たっぷり 朝ごはんレシピ
水なのサラダ   フライパンひとつでつくる朝食   ベーコンと卵の簡単ココット
水菜のサラダ   フライパンひとつで
つくる朝食
  ベーコンと卵の
簡単ココット
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら


 

健康コラムの目次に戻る

▼朝ごはんのレシピで使った野菜はこちら ▼

 

[有機栽培] ピーマン(130g)

350円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] トマト(300g)

598円(税込)

購入数/

 

[有機栽培] ミニトマト (130g)

375円(税込)

購入数/

 

[有機栽培]水菜(150g)

330円(税込)

購入数/

 

まいたけ(100g)

298円(税込)

購入数/

 

エリンギ(150g)

391円(税込)

購入数/