風邪の時期にオススメ野菜

2019年2月

 

最近ぐっと冷え込んできましたね。
ぶどうの木でも、パートさんがインフルエンザにかかったり、お子さんが風邪になったり、学級閉鎖になったりと、非常に風邪とインフルエンザが流行っているようです。

病原菌は常に空気中に存在しているのに、なぜ時期によって風邪が流行ってしまうのでしょうか。

昔に紹介した記事から、風邪にかかるまでを改めて考えたいと思います。
 

風邪を引いてしまうのは抵抗力がポイント

健康で抵抗力があるときは、大気中に存在するウイルスを空気といっしょに吸い込んでも、やっつける力があります。逆に体が弱っていると、ウイルスが体内へ侵入してしまいます。

マスクや抗菌スプレーなど風邪予防のグッズを使用しても完全には防ぐことはできません。風邪予防グッズを使用しながら、体内に侵入された際の事も考えて予防に努めることが大事です。

風邪を引いた
ウイルスが体内に侵入すると

ウイルスが体内に侵入すると
くしゃみ・鼻水
鼻からウイルスが入りこむと、粘膜がウイルスを外に追い出そうとして鼻水を出したり、くしゃみをしたりします。

咳や痰
ウイルスがのどまで入り込んだ場合は、咳をしたり、痰を出し、細菌・ウイルスを絡めて体外に排出したりして、抵抗します。


咳や鼻水などでもウイルスを排出できず、体内で増えてしまうと、熱で病原菌を撃退するために、熱を出し身体がだるくなり、鼻や喉の炎症も強くなります。

風邪薬はウイルスをやっつけられない

実はお医者さんが処方する風邪薬では、原因であるウイルスをやっつけることが出来ません。かぜの症状を軽くするためのものでしかないのです。


結局、ウイルスを退治するのは自分の免疫力なのです。
その為には、案税・休養はもちろんの事、水分や栄養をしっかり取り、ウイルスに対抗する力を付けることが大切なのです。

ただ、熱などの影響で食事がとれなかったり、寝付けなかったりする場合は身体の免疫力が下がってしまいます。
そうなってしまうとなかなか治りづらいので、薬で症状を抑え、食事と睡眠をとって免疫力を高めることが大事だと思います。

風邪をひいてしまったら

弱った身体を安静にして、体力を保ちましょう。

その上で、身体を温める食材、消化の良い食材を摂りましょう。
粘膜を強くするビタミンCが豊富な食材などを積極的に摂取し、ウイルスへの抵抗力をつけましょう。

回復してきたらビタミンBを含む食材で体力をアップ。
脱水症状を防ぐため、充分な水分補給もお忘れなく。

 

風邪におすすめお野菜
風邪の時期に予防・闘病で積極的に食べたいお野菜をご紹介します。
また、ご健康でいていただきたいから、対象商品はポイント3倍でご案内いたします。
(2/5〜2/20の間のご注文限定!)
これを機にお得に健康に過ごしてください!






ビタミンAには鼻や喉の粘膜を保護する働きがあるといわれています。
にんじんには、体内でビタミンAに変わるβカロチンを多く含みます。
また、ジュースにすれば固形物がのどを通らない時にも栄養を取ることができます。

栄養素は皮の近くに多く含まれているので、よく洗って皮ごと調理するのがお勧めです。





薬膳ではしょうがには、血行促進や殺菌作用の効果があるものが含まれているといわれています。
すりおろして、はちみつドリンクやスープなどにすれば、身体を温め風邪の症状を緩和する効果も期待できます。
風邪を引いてからだけでなく予防として毎日食べたいお野菜ですね。






梅干しには、クエン酸が多く含まれていることが有名ですね。
クエン酸は疲労の原因となる乳酸を分解して体外に排出してくれます。
風邪をひいて疲労がたまった体を楽にしてくれます。

また、汗で排出されてしまったナトリウムの補給ができるのもうれしいです。
貯蔵もきくので常備しておきたいものですね。
その場合、添加物が入っていないものを選びましょう。





だいこんにはジアスターゼという酵素が含まれていて、この酵素はデンプンを分解してくれます。
食べたものの消化を助けることにより吸収をよくして、身体の負担を少なくします。

ただ、大根に含まれているビタミンCや辛み成分・消化酵素などは熱により減少してしまいます。
できれば「大根おろし」や「はちみつ大根」などで生で食べられることをお勧めします。





ねぎのにおい成分であるアリシンには、のどの痛みなどに役立つといわれています。
また、ねぎは消化が良く食欲がわかない風邪の時にはぴったりの食材となります。





柑橘類はビタミンCを多く含みます。
また、果皮や薄皮にはヘスペリジンというポリフェノールの一種が含まれており、おいしくたくさんのビタミンを補給できます。





「風邪のお見舞いにはりんご」や、「風邪の時にはうさぎのリンゴが出てきた」という方も多いのではないでしょうか。
昔から「風邪の時=りんご」という印象が(私は)強いのですが、どうしてでしょうか。

りんごにはビタミンCなどのビタミン類をはじめ、ポリフェノール類や食物繊維であるペクチンなどを多く含んでいます。
ペクチンにはビタミンCと同様粘膜の保護の効果が期待できるとされており、ポリフェノールには細胞の老化を抑える作用があるとされており、代謝を上げて免疫力を向上させる効果が期待できます。


風邪の時に食べたい食事

熱が出て体がだるい。そんなときは普通の食事を食べられないですよね?

ぶどうの木でおすすめのレシピや料理をご紹介します。

   風邪ひきの時のにんじんジュースレシピ


◆材料
・にんじん
・だいこん(根&葉)
・柑橘類(レモン・はっさく・いよかん等)
・りんご

上でご紹介したにんじん・大根・柑橘類・りんごを含んだジュースです。
大根を葉っぱまで使うことで、葉っぱに多く含まれる鉄分やカルシウムなどの栄養素を取ることができます。
また、りんごや柑橘類を入れ、ビタミン類を多く摂取できるほか、味が整い飲みやすくなりました。

 
おすすめレシピ    風邪ひきさんのためのあったかスープレシピ
かぶの豆乳ポタージュ   鶏つくねと根菜和風スープ   白菜とワンタンのスープ
かぶの豆乳ポタージュ   鶏つくねと根菜和風スープ   白菜とワンタンのスープ
レシピはこちら   レシピはこちら   レシピはこちら