有機野菜や野菜セットの宅配・通販。- 有機野菜のぶどうの木

新規会員登録ログイン買い物カゴ

  1. 有機野菜のぶどうの木
  2. 有機玄米 JAS認定
  3. [有機栽培] 熊本県産玄米 架け干しレンゲ米 【新米】【ヒノヒカリ】 (2kg)
  1. 有機野菜のぶどうの木
  2. 目的で選ぶ
  3. ゲルソン療法
  4. [有機栽培] 熊本県産玄米 架け干しレンゲ米 【新米】【ヒノヒカリ】 (2kg)
[有機栽培] 熊本県産玄米 架け干しレンゲ米 【新米】【ヒノヒカリ】 (2kg)

産地や時期によって、大きさ、色などが画像と異なる場合がございます。

ジュース用ニンジンのご購入はこちら
モッチリして、甘い。おいしさで選ばれています。ぶどうの木 有機玄米 人気No.1

2〜3週間かけてじっくり天日乾燥させたヒノヒカリ架け干しレンゲ米は、お日様の光をたっぷり浴びて育ったから稲穂の油分や栄養分、甘みが米粒の中にギュッと入り、もっちりとした食感と奥深い甘さが特長です。

お客様の声 おいしさの理由
レンゲが肥料となり、地力を育みます

レンゲ農法は、秋に田んぼにレンゲの種をまき、冬の間にレンゲを育て、春に花を咲かせたレンゲをすきこんで肥料とする農法です。

レンゲはマメ科の植物で、根のまわりに「根粒菌(こんりゅうきん)」とよばれる土壌細菌があり、それが空気中の窒素を直接栄養にしてからだの中に溜め込みます。

そう、自然の力で空気中から栄養分を土の中に取り込むのです。
レンゲをすきこむことで、レンゲは土の中で稲が必要とする窒素成分を多く含んだ肥料になります。
レンゲが肥料の役割をしてくれるので、化学肥料は一切必要ありません。

西山さんは、「これからの子どもたちには安全な米を食べさせたい」という想いから、おいしさと安心と環境を守る農法「レンゲ米」に取り組んでいます。

田んぼ一面に咲き誇るレンゲ。

田んぼ一面に咲き誇るレンゲ。
レンゲは、空気中の炭化水素、窒素を固定して育ち、多くの昆虫やミツバチたちの餌場として活躍します。

米の肥料に変わっていきます。

レンゲを鋤いた後には、小鳥たちがエサを求めて舞い降りてきます。
レンゲは土壌菌の作用により、発酵しながら土の腐食として同化。お米の肥料に変わっていきます。


「レンゲ農法」は、以前から日本のいたるところで行われていました。
しかし戦後、政府は化学肥料を使用した栽培を導入し、お米の生産量の増大を目指しました。
そして昭和30年代〜40年代にかけ、次第に手間のかかる「レンゲ農法」は見られなくなり、化学肥料がそれに代わるようになりました。

化学肥料の使用により収穫量は増大しましたが、一方で稲が弱くなり、農薬の使用が不可欠になりました。その農薬を使うことが、天敵である虫や田んぼの中の生物を死滅させるなど環境破壊につながり、お米のおいしさも失われました。

アヒルが除草、害虫も駆除。丈夫な稲を育てます

田んぼにアヒルを放して、殺虫剤・除草剤でする殺虫・草取りの替わりに、除草・害虫の駆除をしてもらい無農薬でお米を作る農法です。
雑食性のアヒルは、水田内のウンカ類など害虫を好んで食べるため害虫防除効果も抜群です。

アヒルは泳ぎながら水田を掻き回し、水田内に酸素を補給するとともに、常に水を濁らして水温を上げ稲の成長を助けます。
稲についている虫を食べたり、アヒルが動くことによって与えられる刺激が稲に作用し、茎太で、株張のよいしっかりとした稲を作ります。

アヒルのひなが到着

アヒルのひなが到着、思い思いに餌を食べたり、水浴びしたり、みんなでうずくまって眠ったり、その姿に癒されます。まずは小屋で慣れるまで育てます。

いざ、田んぼへ出陣。

いざ、田んぼへ出陣。
田んぼにはいって雑草を食べ、虫を食べ、足をバタバタすることで、土の中に酸素を送り込みます。

昔ながらの架け干し。天日乾燥はなぜ美味しい?

農薬や化学肥料を使用せず栽培したヒノヒカリを、昔ながらのはさ架けで天日乾燥しています。

天日乾燥は火力乾燥機で急速乾燥させるのと違い、2〜3週間かけてじっくりとお日様に当てて乾燥させます。
その間に稲穂の油分や栄養分、甘みが米粒へ入っていきます。
「架け干し」は藁と子実がつながっている状態で乾燥させるのでおいしいお米に仕上がります。

作る前も、栽培中も、そして収穫後もゆっくりじっくり手間隙かけて作られたお米は、本来の粘りとコシに加え、口いっぱいに広がる奥深い甘味と香りを醸し出します。

はさ架けはすべて手作業。

はさ架けはすべて手作業。
ひと束ひと束を竹竿に架けていきます。足元にはレンゲが芽吹いています。

育った環境と風で2〜3週間かけてゆっくりと乾燥します。

育った環境と風で2〜3週間かけてゆっくりと乾燥します。

生産者のグリーンファーム矢部 西山さん

生産者のグリーンファーム矢部 西山さん

有機農業でお米や野菜を作る仕事は、人々の生活を支える代切な仕事、 今まで身につけたスキルを活かして、この大切な仕事につなげたい。

奥様の実家の有機農業を継いだ西山さんは、前職は技術職のサラリーマン。知識が豊富で研究熱心です。
おいしいものを作り、食べてくださる方に喜んでいただけることに情熱をかけています。

グリーンファーム矢部さんのお米がおいしい理由

ミネラル分たっぷりの田んぼ ミネラル分たっぷりの田んぼ

山都町は阿蘇カルデラの中にあります。
圃場はミネラル分をたっぷり含んだ火山灰地でできているのでお米がとてもおいしく育つのです。

朝晩の気温差が大きい 朝晩の気温差が大きい

グリーンファーム矢部さんの圃場は標高500m〜800m。
九州なのに雪も降る冷涼な地域。夏場も夜はクーラーがいらないくらい冷え込みます。
昼間太陽の光をたっぷり浴びた稲は夜ゆっくり休み、おいしさを蓄えます。

熊本県は有機農業の盛んな地域

グリーンファーム矢部がある熊本県山都町は九州の真ん中。
熊本県は有機農業の盛んな地域です。
平成2年度に化学肥料や農薬の使用を減らした環境保全型農業に取り組み、平成17年度からは、特性を生かした環境保全型農業への取り組みを「くまもとグリーン農業」として積極的に推進しています。

グリーンファームさんのお米にはかわいい「くまもん」の有機マークがついています。

その他、こんなメリットも
ご購入はこちらから
[有機JAS] 熊本県産玄米 架け干しレンゲ米 【ヒノヒカリ】

グリーンファーム矢部
グリーンファーム矢部さん
平成20年2月、西山さんからいただいた1通のメールがお付き合いの始まりでした。
その後産地の熊本に飛び、お話しさせていただきました。大企業の技術職だった西山さんが奥さまの実家の有機農家を継ぐ決心をされ、お子さんと奥さまと一緒にこの地に移住されたそうです。

農業の大変さを知っている奥さまは最初ずいぶんためらわれたそうですが、幸司さんの、「何をやってもチャレンジ精神がある限り道は開ける。農業はやりがいのある仕事だ」という強い思いのこもった説得をついに受け入れ、一家で実家に帰られたそうです。

有機農業を始めて大変だったのが販路を探すことだったとか。

有機農産物は、慣行農法による農産物と違い、収穫量も収穫時期も安定していない。また、形がまちまちで規格外のものも多く出る。そのため、スーパーなど一般的な流通にのせることが現在のシステムでは難しい。また、レストランに出荷するにしても、一定量を長期間安定的に供給するのも容易ではない。安全・安心な有機栽培の農作物の真の価値をお客さん一人ひとりに説明しながら、ともに信頼関係を築いていくのが、一番だと思う、とぶどうの木に声をかけて下さったわけを教えて下さいました。

季節ごとに届く西山さんの野菜や加工品。もっともっとみなさまにご紹介していきたいと思います。

おすすめ

生産者

グリーンファーム矢部

生産地

熊本県

農薬等

JAS認定 有機

お届け

3〜5日

配 送

常温便  ⇒ 送料について

[有機JAS] 熊本県産玄米 架け干しレンゲ米 【ヒノヒカリ】 2kg×2袋

4,394円 (税込) 送料別

買い物カゴに入れる

[有機JAS] 熊本県産玄米 架け干しレンゲ米 【ヒノヒカリ】 (2kg)

2,313円 (税込) 送料別

買い物カゴに入れる

保存について

劣化の要因 お米を、鮮度と美味しさを保ったまま長期間保 存するためには、お米が劣化する要因をすべて 取り除く必要があります。
お米が劣化する要因 は右記の通りです。

この原因を取り除くには冷蔵庫がおすすめ。
冷蔵庫の温度は3度程度、野菜室でも5度ほどですので、玄米の呼吸、白米の酸化、また虫に対しても有効な保存方法です。

冷蔵庫の中は乾燥していますので、カビの発生を防ぐことができますが、お米が乾燥しすぎる恐れがあります。

また臭いが強い食材と一緒に保管すると臭い移りの影響も出てきますので、タッパー、米びつ、ペットボトルなど、密封できる容器に入れて保管してくださいね。

家庭用冷蔵庫ではたくさんの量を保管できないので、食べきる量だけお買い求めになるのがおすすめです。

冷蔵庫がおすすめ
  1. 冷蔵庫がおすすめ 圧力鍋がおすすめ。
    水の分量はお好みで、白米の場合の1.2〜1.8倍。
     
  2. 弱火で火にかけて、沸騰したらおもりが回るまで火を弱め、20分加熱します。
    沸騰までの時間を長く取ること、火を止める前に20秒ほど強火にすることがおいしさのコツです。
     
  3. 火を止めて15分蒸らして出来上がり。

おすすめ商品です。